生理前

生理が近くなると体が火照る!生理前に体温が上がる原因と対応まとめ

投稿日:

生理が近くなると体が火照る!生理前に体温が上がる原因と対応まとめ

皆さんは生理前になると、体温が上がるような火照った状態になると感じることはありませんか?

生理前に体温が上がるのは、生理周期が整っている人のほとんどに見られる症状で、同時に様々な症状を引き起こします。

そこで今回は生理前に体温が上がる原因とそのことで起こる症状、そして基礎体温の把握方法などの対応をご紹介します。

 

生理前に体温が上がる原因とは?

生理が近くなると体が火照る!生理前に体温が上がる原因と対応まとめ

生理前に体温が上がる原因は、女性ホルモンが密接に関わっています。

女性は生理周期の中で排卵日を挟んで低温期と高温期に分かれて、それぞれ異なるホルモンが多く分泌しています。

生理後から排卵日までの低温期はエストロゲンが多く分泌していますが、排卵日から生理前までの高温期にはプロゲステロンという女性ホルモンが多く分泌しています。

生理前は高温期と言われるだけあって体温が上がるのですが、その原因はプロゲステロンの分泌によるものです。

生理が近くなると体が火照る!生理前に体温が上がる原因と対応まとめ

プロゲステロンは妊娠するためのサポートや妊娠を維持するために作用するホルモンなので、受精卵が着床した後子宮内で育ちやすいように体温を上げる性質があります

私たちも冷えた布団で休むよりも、温まった布団で休みたいですよね?

それと同じように受精卵も温かい子宮内膜に着床し、妊娠に適した体温のもとで育っていくのです。

生理が近くなると体が火照る!生理前に体温が上がる原因と対応まとめ

しかし妊娠が成立していない場合でも、子宮内膜は妊娠に備えて作られていくので生理前になると体温が上がるようになってしまうのです。

生理が来ると妊娠していないことが確定するので体温を上げる必要がなくなり、ストンと体温が下がります。

 

生理前に体温が上がることで起こる3つの症状

生理が近くなると体が火照る!生理前に体温が上がる原因と対応まとめ

生理前に体温が上がることで、体にとって不快な症状が主に3つ起こります。

これらの症状は全て生理前に分泌されるプロゲステロンが引き金となって引き起こされる月経前症候群(PMS)の一部です。

どれも生理前で体温が上がることから起こる症状なので、多くの女性は「あるある!」と感じる症状なのではないでしょうか?

それでは、生理前に体温が上がることが原因で起こる3つの症状を見ていきましょう。

①微熱が出る

生理が近くなると体が火照る!生理前に体温が上がる原因と対応まとめ

生理前に体温が上がることで、もともと平熱が高めの人は普通の体温計で熱を測っても37度台になることがあります。

一般的に高温期になることで0.3〜0.5度ほど体温が上がりますので、生理前に微熱が出ることはそう珍しいものではありません。

私も平熱が36.8度と高めなので生理前は毎回微熱が続き、風邪を引いたのかと間違えてしまうことがよくあります。

②体がだるく、むくみやすい

生理が近くなると体が火照る!生理前に体温が上がる原因と対応まとめ

生理前に体温が上がるのは、妊娠に適した体にプロゲステロンが整えているということです。

プロゲステロンは子宮内膜を作るために、水分や栄養分を体に溜め込む作用があり、体が重たく感じたりむくみが出やすかったりと普段よりも疲れやすくだるい状態になっています。

よく生理前になると、体重が増えてしまっていて困っているということはありませんか?

これもプロゲステロンが体に水分を溜め込んでいるせいで、生理が終わると自然におさまって体重も元に戻る場合がほとんどです。

また生理前に体温が上がるということから、体が火照ってだるくなってしまうことも多いです。

③睡眠の質が下がる

生理が近くなると体が火照る!生理前に体温が上がる原因と対応まとめ

生理前から昼間の強力な睡魔に悩まされているという人も、結構多いのではないでしょうか?

生理前に体温が上がることで、睡眠の質が下がって日中に強い眠気が襲って来ることがあります。

普段は睡眠に入る際に体温を下げて質の良い睡眠に導いていきますが、生理前だと高温期に入っているため深い眠りには入れなかったり、なかなか寝付けなかったりして睡眠の質が低下します。

また生理前はイライラしやすいなどストレスを感じやすい時期でもあるので、精神的なことが原因で睡眠の質が低下することもあります。

 

生理前に体温が上がらないときに考えられる2つのこと

生理が近くなると体が火照る!生理前に体温が上がる原因と対応まとめ

通常、基礎体温が安定している場合は排卵日を境に体温が上がるようになって、生理まで高温期が維持されるのですが…。

生理前なのに体温が上がらない場合は、どのようなことが原因として挙げられるのでしょうか?

基礎体温が理想通りにいかないと、どこか悪いところがあるのでは?と心配になってしまいますよね。

では生理前なのに体温が上がらない時に考えられる、ふたつの症状を見ていきましょう。

①排卵がおこなわれなかった

生理が近くなると体が火照る!生理前に体温が上がる原因と対応まとめ

自分は毎月生理がきちんときているから、排卵もしているはず!そう思っている人は、きっと多いのではないでしょうか?

実はきちんと毎月生理が来ていても、基礎体温で低温期と高温期にしっかり分かれていないと排卵が起こっていないことがあります

この状態を無排卵月経といい、生理前なのに体温が上がることがないのが特徴です。

この場合の多くはホルモンバランスの崩れによるもので一過性のものなのですが、まれに治療が必要な病気の可能性もあります。

生理が近くなると体が火照る!生理前に体温が上がる原因と対応まとめ

基礎体温を測ってみて二層に分かれていない時には、一度病院で見てもらった方が良いでしょう。

②ホルモンバランスが乱れている

生理が近くなると体が火照る!生理前に体温が上がる原因と対応まとめ

ホルモンバランスは自律神経とつながっており、非常にデリケートな特徴があります。

仕事が忙しかったり、睡眠時間が短かったりしてストレスを感じたことで生理周期が乱れたという経験は、きっと多くの女性が経験しているのではないでしょうか?

ストレスや睡眠不足などによってホルモンバランスが崩れると、基礎体温も綺麗に二層に分かれなかったり生理前なのに体温が上がらないなどの影響が出て来ます。

生活習慣を見直してストレスをうまく解消していくことによって、乱れを最小限に抑えることができますので、普段から意識していきましょう。

 

生理前の体温が上がったままの時はどうする?

生理が近くなると体が火照る!生理前に体温が上がる原因と対応まとめ

基礎体温をつけている場合には生理周期の時期ごとに体温の変化を把握することができますが、高温期になって体温が上がるまではいつも通りだったのが、いつまで経っても体温が下がらない場合があります。

結果からいうと高温期で体温が高い状態が2週間以上続いている時には、妊娠の可能性があります

排卵日から2週間程度で通常なら生理が来るため体温が下がるのですが、それ以上の期間高温期が続く場合はプロゲステロンが分泌され続けているということです。

生理が近くなると体が火照る!生理前に体温が上がる原因と対応まとめ

プロゲステロンは妊娠を継続させるため、生理前からずっと体温を上げているので基礎体温を測っていれば妊娠の予測ができるのです。

しかし、生理予定日1週間後に妊娠検査薬を使っても陰性が出た場合、あるいは妊娠の可能性がない場合に高温期が長いのは、どういうことなのでしょうか?

妊娠していないのに体温が上がる状態が長く続いている場合は、黄体依存症という病気の可能性があるのです。

生理が近くなると体が火照る!生理前に体温が上がる原因と対応まとめ

プロゲステロンの分泌異常で、高温期が長く続いて生理前の不快な症状が長く続くという特徴があり、生理時の出血量が多い傾向にあります。

黄体依存症の場合はホルモン剤を使った治療もありますが、基本的には効果的な治療法がないため主に生活習慣の見直しをすることで症状を緩和することが一番です。

基礎体温を測っていて妊娠していないのに高温期が長い場合は、病院に基礎体温表を持っていって医師の診察を受けてくださいね。

 

生理前の体温を把握する3つのステップ

生理が近くなると体が火照る!生理前に体温が上がる原因と対応まとめ

生理前に体温が上がる様子を把握するなら、基礎体温は欠かせないものです。

でも基礎体温を測るというと、なんとなく面倒なイメージがありませんか?

私も最初は面倒そうだなと思ってなかなかやる気が出なかったのですが、自分の生理周期を知るために測っていた時期がありました。

そこで生理前の体温を把握するための、基礎体温の測り方について手順を説明していきます。

①婦人体温計用意する

生理が近くなると体が火照る!生理前に体温が上がる原因と対応まとめ

まずは基礎体温を測るのに、なくてはならないものがあります。

それが婦人体温計で、通常の体温計との違いは小数点第2位までの細かい数値を測ることができるところです。

基礎体温は0.2〜0.5度という微妙な体温の差を読み取るため、このような細かい数値まで測ることができるようになっているのです。

婦人体温計費用はいくらくらいなのかというと正直なところピンキリで、1,000円程度で買えるものもあれば、様々な機能がついて5,000円くらいするものもあります。

結果的に体温を測って記録を正しくつけられれば問題ないので、個人的には簡単な作りの安いもので十分だと思いますが…どうしても記録を忘れてしまう、体温を測った後まだ寝ていたいという人は、記録を覚えてデータとして残してくれるような機能がついたものをお勧めします。

②計測時に注意すること

生理が近くなると体が火照る!生理前に体温が上がる原因と対応まとめ

婦人体温計も普通の体温計と同じように測ればいいの?と勘違いしている人も多いのではないでしょうか?

婦人体温計の場合は脇で測るのではなく、口にくわえて舌の下に当てて測ります

生理が近くなると体が火照る!生理前に体温が上がる原因と対応まとめ

そのまま5分間計測していくのですが…婦人体温計は寝たままの状態で計測しないと意味がないので、寝ながら口にくわえていると正直5分の間でも寝落ちすることも多々ありました…。

ここで生理前の体温が上がる様子を知るための婦人体温計を使う際に、注意しておきたいことをまとめてみました。

  • 毎日同じ時間に計測すること
  • 起き上がらずそのままの姿勢で計測すること
  • 4時間以上の睡眠をとること
  • 睡眠に変化があれば備考欄に書き込むこと
  • 計り忘れてもそのまま次の日から再開すること

中には厳しい!と感じる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

生理が近くなると体が火照る!生理前に体温が上がる原因と対応まとめ

毎日同じ時間に起床して体温を測るというのは、結構簡単そうに見えて難しいものです。

しかしできるだけ正確なデータを取るためにも、頑張って起きつつ基礎体温をつけていってくださいね。

③グラフにしっかり記入する

生理が近くなると体が火照る!生理前に体温が上がる原因と対応まとめ

基礎体温を測り終えたら、自動記録式のもの以外はすぐ消えてしまうのでメモをしておきましょう。

基礎体温を測るのは忙しい朝なので、どうしても測ったのは良いけれどグラフにするのを忘れていた!ということになり兼ねませんよね?

そのため先に枕元に紙とペンだけ用意しておいて、体温の記録を残しておいて後から落ち着いてグラフ化するようにしたら、しっかりと記録を残せます。

少しでも普段と違うことがあったら備考欄にメモをしておくと、基礎体温に乱れがあっても理由がわかるので便利です。

  • 風邪をひいた
  • アルコールを飲んだ
  • 薬を飲んだ
  • 睡眠時間を4時間以上取れなかった
  • 朝寝坊した

毎日基礎体温を測っていれば、このようなイレギュラーなことが発生する日だってありますよね?

生理が近くなると体が火照る!生理前に体温が上がる原因と対応まとめ

こんな些細なことでも、生理前の体温が上がる様子を把握するためにはきちんと記録として残しておくことが大切です。

 

まとめ

生理前に体温が上がることについて原因や対処法、そして基礎体温の測り方などをご紹介してきましたが、いかがでしたか?

生理前に体温が上がるのは、女性ホルモンのプロゲステロンが高温期に分泌量が多くなるために起こることがわかりましたね。

プロゲステロンは体を妊娠に向けて整えていく作用があるので、妊娠の可否にかかわらず生理前に体温を上げることで子宮内膜を育てていく働きがあるのです。

生理前の体温が上がる様子を把握するには、毎日基礎体温を測って記録をつけるという方法が一番です。

測り方が一般的な体温計とは違うので、最初は戸惑うことも多いかもしれません。

しかし慣れると基礎体温から自分の体の状態がわかるようになるので、ぜひ継続して記録を開いていってくださいね。

引き続き、「生理・生理前の症状と対処法」を紹介していきます↓



他にこんな記事も読まれています

-生理前

Copyright© 【PMS】生理・生理前の症状と対処法30選まとめ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.