生理前

生理前と妊娠初期で違う「おりもの」の特徴・色や粘りの変化とは?

投稿日:

生理前と妊娠初期で違う「おりもの」の特徴・色や粘りの変化とは?

生理前のおりものは、生理周期によって形状やにおい、見た目の色などが変化するのが特徴です。

排卵日が過ぎて生理前の時期になると、おりものの変化に気づくことがありませんか?

実は生理周期によって変化する女性ホルモンの作用によるものなのです。

今回は生理周周期によってに分泌するおりものの特徴、そして対処法などをご紹介します。

 

生理前の「おりもの」2つの大事な役割とは?

生理前と妊娠初期で違う「おりもの」の特徴・色や粘りの変化とは?

生理前に分泌されるおりものは、妊娠成立のサポートをする重要な役割があります。

おりものが下着を汚してしまう嫌なもの、という認識を持っている人も多いかもしれませんが、ちゃんと意味があって分泌されているものなのです。

そこで生理前に分泌されるおりものの2つの役割を見ていきます。

①雑菌や細菌から性器を守る

生理前と妊娠初期で違う「おりもの」の特徴・色や粘りの変化とは?

女性器は肛門付近に存在し、大腸菌が侵入しやすい部分です。

更にその他の細菌や雑菌も下着の汚れなどが原因で繁殖しやすい状態にあります。

しかしおりものが分泌されることで、こうした雑菌や細菌によって炎症が起こるのを防いでいるのです。

おりものと一緒に雑菌が洗い流されることで、膣などを清潔に保つ役割があります。

生理前は体の調子がすぐれない日が続き、体内に細菌が入り込みやすい時期です。

このとき、おりものが分泌され菌を追い返すといった働きもあるのです。

おりものの量が増えても「体を守ってくれているんだ。」と前向きに捉えて対処してくださいね。

②受精しやすくする

生理前と妊娠初期で違う「おりもの」の特徴・色や粘りの変化とは?

女性の体は排卵日が過ぎると妊娠成立のためにホルモンが切り替わり、おりものが受精を助ける働きを始めます。

精子が卵子のもとまで到達できるように、おりものの粘度を上げてサポートしていくのですね。

排卵日の前後になると、「ドロッとしたおりものが出てビックリした!」という人もいるのではないでしょうか?

これは、受精を助けるためにおりものが精子を追い返さないよう粘度を上げているためなのです。

そのため妊活をしている人は、おりものの粘度を一種の目安としてタイミングを心がけているという人も多いのです。

 

生理前の「おりもの」時期ごとに違う特徴5つ!

生理前と妊娠初期で違う「おりもの」の特徴・色や粘りの変化とは?

生理前に限らず、おりものは形状を変えるという特徴を持っています。

生理周期は細かく分けると5つの時期に分類することができます。

時期によっておりものの特徴も異なるので、どんな状態に変化していくのかを順番に見ていきましょう。

①排卵日付近のおりものの特徴

生理前と妊娠初期で違う「おりもの」の特徴・色や粘りの変化とは?

排卵日付近が最もおりものの量が増えている時期で、色は透明でドロッとした粘度の高さが特徴です。

トイレに行くたびにビヨーンと伸びるおりものに最初はビックリしてしますが、実は正常なことだったのですね。

このようなおりものが出たら、生理前に向けて受精しやすい時期であるサインです。

妊娠を希望している人は、この時期にタイミングをとるのがお勧めなので、おりものの様子をチェックしていきましょう。

②高温期のおりものの特徴

生理前と妊娠初期で違う「おりもの」の特徴・色や粘りの変化とは?

排卵日が過ぎて高温期に入ると、生理が近づくごとにおりものの量は減っていきます。

見た目にも変化が見られ、透明だったのが白く濁るようになり、粘度も下がってサラサラした水のような状態になってくるのが特徴です。

そのため正常な生理周期であれば、排卵期が終わったことをおりもので確認ができるのです。

③生理前の「おりもの」の特徴

生理前と妊娠初期で違う「おりもの」の特徴・色や粘りの変化とは?

生理前になると量が少なく、サラサラしたおりものが出るので、変化に気づきます。

この頃は排卵も過ぎて受精しやすくするという役割は意味を持たないので、雑菌や細菌が体内に入り込まないように洗い流す目的となっています。

④生理中におりものは出ないの?

生理前と妊娠初期で違う「おりもの」の特徴・色や粘りの変化とは?

「生理中は経血が排出されているから、おりものは出ないだろう。」思っていせんか?

実は生理と一緒におりものもきちんと分泌され、生理中も雑菌や細菌が侵入しないようにガードしてくれているのです。

生理中はナプキンを長時間変えられなかったり、ムレが起こりやすく雑菌が繁殖しやすい時期ですが、おりものがしっかりと守ってくれているのです。

⑤生理後の低温期の「おりもの」の特徴

生理前と妊娠初期で違う「おりもの」の特徴・色や粘りの変化とは?

生理が終わると排卵するまでの間、低温期が続きます。

低温期のおりものの特徴は、白濁していて水っぽいサラサラした状態だということが挙げられます。

排卵日が近づくにつれて受精を助けるためにおりものは粘度を変化させ、だんだんドロっとなっていきます。

生理前と妊娠初期で違う「おりもの」の特徴・色や粘りの変化とは?

そしておりものの量も排卵日が近づくにつれて多くなり、少しにおいもツンとした感じになっていきます。

おりもののにおいがキツくなるのもホルモンバランスによって起こる生理的なものなので心配はいりません。

 

生理前と妊娠初期で異なる「おりもの」の特徴3つとは?

生理前と妊娠初期で違う「おりもの」の特徴・色や粘りの変化とは?

生理前と妊娠初期ではおりものの区別がつきにくいですが、その変化はどうなっているのでしょうか?

生理前と妊娠初期の違いを見極める判断材料として、おりものの特徴の変化が挙げられるのです。

そこで生理前と妊娠初期のおりものの違いを3つ見ていきましょう。

①「おりもの」の量の違い

生理前と妊娠初期で違う「おりもの」の特徴・色や粘りの変化とは?

通常、おりものは妊娠していなければ生理前に近づくほど減っていきますが、妊娠している場合は増えていくのが特徴です。

これは細菌の感染などによって流産を防ぐために、体が赤ちゃんを守ろうとするためだそうです。

生理前なのにおりものの量が減らずに、むしろ増えているといった場合は妊娠の可能性を考えても良いでしょう。

妊娠初期はおりものシートを使わないと不安なくらい、おりものの量が増えたという方もいます。

②妊娠初期は「おりもの」が水のようにサラサラする

生理前と妊娠初期で違う「おりもの」の特徴・色や粘りの変化とは?

おりものがサラサラしてくるという特徴は、一見すると生理前と妊娠初期で見分けがつかないと思われがちですが…サラサラの度合いが違うのです。

生理前のおりものはサラサラしているとはいっても水のようには感じないくらいなのですが、妊娠初期は本当に水っぽいおりものが特徴です。

あまりにもサラサラしているので「尿もれ」だと感違いしたという人もいるようです。

サラサラのおりものは、流産を防ぐために雑菌や細菌をおりもので洗い流す役割もあるのです。

生理前や生理中もこの作用をフル活動させています。

生理前なのに水のようなおりものが多く分泌されていたら、妊娠している可能性があるということですね。

③「おりもの」の色の変化

生理前と妊娠初期で違う「おりもの」の特徴・色や粘りの変化とは?

生理前はおりものの色が白く濁りますが、妊娠初期の場合は着床出血によっておりものに少量の血が混じったような茶色やピンク色の状態になることがあります。

しかし着床出血は妊婦さん全体の1〜2割ほどにしか起こらないので、おりものの色で生理前なのか妊娠初期なのかを区別することは難しいです。

 

生理前の「おりもの」対処法3つの心得

生理前と妊娠初期で違う「おりもの」の特徴・色や粘りの変化とは?

生理前に分泌するおりものを不快だと思っている人も多いことでしょう。

下着は汚れるし、ムレの原因にもなるし対処に困りますよね。

そこで生理前を快適に過ごすためのおりもの対処法を3つ説明していきます。

①おりもの専用シートを活用しよう!

生理前と妊娠初期で違う「おりもの」の特徴・色や粘りの変化とは?

まず生理前に欠かせないアイテムが、おりもの専用シートです。

生理前の水っぽいおりもので下着が汚れるのを防げます。

また、突然生理が始まってもこれを付けているので下着が汚れずに済みますね。

下着の色によってはおりものの状態がわからないこともあるので、専用シートを利用すれば自分の体調の変化に気づくことができます。

②おりもの専用シートをこまめに取り替えをする

生理前と妊娠初期で違う「おりもの」の特徴・色や粘りの変化とは?

生理前のおりもの専用シートの使用にあたって注意点があります。

それはシートをこまめに替えるということです。

生理前から生理中は体がデリケートな時期に入るので不衛生にしていると細菌が繁殖し、炎症を起こしやすくなります。

生理前におりもの用シートを使う時には、トイレに行くたびに取り替えて清潔を保ちましょう。

③清潔を保つ!

生理前と妊娠初期で違う「おりもの」の特徴・色や粘りの変化とは?

生理前はおりものが水っぽくなる特徴があるので、ムレて肌荒れを起こしたり、匂いも発生しやすくなります。

衛生的にも毎日お風呂に入って清潔を保つことが大切です。

生理前と妊娠初期で違う「おりもの」の特徴・色や粘りの変化とは?

生理前から生理中は清潔を保ち、気になるにおいをカットしましょう。

できればデリケートゾーン専用の石鹸などを使って、丁寧にケアしていきたいですね。

 

まとめ

生理前だけに限らず、時期別におりものの特徴や対処法をご紹介しました。

分泌量に関しては低温期から排卵日にかけて増加し、排卵が終わると減少していくということがわかりました。

分泌量は生理前と妊娠初期の区別をつけるためにも重要な判断材料となっていますので、ぜひおりものの状態をしっかり確認していきたいですね。

生理前のおりものを気にせず、少しでも快適に過ごすためには清潔を保ち、おりもの専用シートをこまめに取り替えましょう。

おりものは女性の健康維持のためには欠かせないものです。

うまく付き合いながら、生理前を気持ちよく過ごしていきましょう。

引き続き、「生理・生理前の症状と対処法」を紹介していきます↓



他にこんな記事も読まれています

-生理前

Copyright© 【PMS】生理・生理前の症状と対処法30選まとめ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.