生理痛の症状

生理痛が和らぐオススメの食べ物と飲み物10選!食事による体質改善法

投稿日:

生理痛が和らぐオススメの食べ物と飲み物10選!食事による体質改善法

つらい生理痛の症状を食事や飲み物で和らげていけたら嬉しいですよね。

実は、食べ物や飲み物には冷えを改善したりホルモンバランスを整えたり様々な効果が期待できるのです。

今回は、生理痛を和らげる食べ物と飲み物をそれぞれ5種類ずつご紹介していきます。

 

生理痛の原因は食べ物や飲み物と関係があるの?

生理痛が和らぐオススメの食べ物と飲み物10選!食事による体質改善法

生理痛による服痛や腰痛などの様々な症状の原因は、経血を排出するために子宮を収縮させるプロスタグランジンの過剰分泌です。

プロスタグランジンが過剰分泌してしまう原因のひとつに、冷えによる血行不良があります。

子宮に十分な血液が行き渡らないことで、子宮収縮が強くなりプロスタグランジンの分泌量が増えてしまうのです。

体の冷えは生活習慣が深く関わっており、特に食生活が重要な位置づけとなっています。

食べ物によっては、血液をドロドロにして血行不良による冷えの原因となるものがあります。

代表的なものだと、カップラーメンのようなジャンクフードや脂っこい肉類などです。

また冷たい飲みものばかり飲んでいると体を冷やすので注意しましょう。

生理痛が和らぐオススメの食べ物と飲み物10選!食事による体質改善法

体を温めそうなホットの飲み物も、カフェインが含まれるものを何杯も飲むと冷えの原因になります。

内臓から冷えるので子宮も冷えやすい状態になってしまい、生理痛の症状がひどくなるという悪循環に陥ってしまうことがあります。

それだけ私たちが普段から口にしている食べ物や飲み物が生理痛と深い関わりを持っていることがわかりますね。

 

続けて食べよう!生理痛を和らげる5つの食べ物とは?

生理痛が和らぐオススメの食べ物と飲み物10選!食事による体質改善法

生理痛の症状を和らげるためには、体を温める作用があるもの、ホルモンバランスを整える働きのある食べ物を積極的に摂取すると良いでしょう。

普段の食事から意識していきたい食べ物を5種類ピックアップしました。

①「大豆イソフラボン」の大豆製品

生理痛が和らぐオススメの食べ物と飲み物10選!食事による体質改善法

大豆製品には女性にとっておなじみの大豆イソフラボンが含まれ、エストロゲンに似た作用によりホルモンバランスを整えていきます。

ホルモンバランスが整うことで、高温期から低温期にかけてのホルモンの切り替えがスムーズにおこなわれてプロスタグランジンの分泌を抑えます

ちなみに主な大豆製品に、どれだけイソフラボンが含まれているのかというと…

【大豆イソフラボン含有率】

  • 納豆1パックあたり35mg
  • 豆腐一丁あたり60mg
  • 味噌大さじ一杯あたり9mg
  • 豆乳コップ一杯あたり40mg

1日に摂取したいイソフラボンの量は75mgほどなので、納豆を朝と夜に食べ、豆腐の味噌汁を飲めばちょうど良いバランスになります。

豆乳はイソフラボンが多く含まれているので1日に1杯程度にとどめておきましょう。

②ミネラルとビタミンが豊富な「アーモンド」

生理痛が和らぐオススメの食べ物と飲み物10選!食事による体質改善法

ホルモンバランスを整えつつ、血行促進により冷え改善が期待できるミネラルとビタミンEを多く含むアーモンドです。

「ハムスターじゃあるまいし…。」と、なかなか馴染みがない人も多いですが、実は体に不足しがちなビタミン・ミネラルを補うことができるオススメの食べ物なのです。

ただ、食べ過ぎると油分によってニキビができやすくなる等の影響がありますので、1日に5粒程度にしておいてくださいね。

細かく砕いてサラダにかけて食べたり、お菓子のトッピングにするのもオススメです。

③血行促進で冷え予防する「グレープフルーツ」

生理痛が和らぐオススメの食べ物と飲み物10選!食事による体質改善法

グレープフルーツの酸味のもとであるクエン酸には疲れの原因を取り除き、血行促進して冷えを予防する効果が期待できます。

高温期は生理前の諸症状に悩まされる人も多いので、排卵日を過ぎたあたりから毎日グレープフルーツを食べることを習慣にしていくといいですね。

疲れやすい高温期から摂取することで、生理痛による不快な症状を軽減することができます。

また生理痛によって気分が良くないときでも、グレープフルーツの爽やかな香りによってとても癒されます。

1日に1個を目安として食べることで、生理前の肌荒れを防ぐことができます。

④血行促進、体を温めてくれる「生姜」

生理痛が和らぐオススメの食べ物と飲み物10選!食事による体質改善法

生姜は体の内側から温めてくれるので、血行不良による冷え性の女性には特にオススメしたい食べ物です。

【生姜の血行促進成分】

  • ジンゲロール
  • ショウガオール

上記ふたつの成分が血行を改善し、全身の隅々まで温かい血液が行き渡るので冷え解消が期待できます。

冷えが解消することで経血の排出がスムーズになり、プロスタグランジンの分泌が増えることなく生理痛が軽減されるのです。

生姜のはちみつ漬けをお湯で割って飲んだり、お料理の薬味として活用するのもいいでしょう。

生姜を食べると体がポッポッと温かくなり、生理痛による服痛や頭痛などの症状が緩和されるという方も多いです。

生理痛が和らぐオススメの食べ物と飲み物10選!食事による体質改善法

生姜にかかわらず根菜は体を温める効果が期待できるので、生理痛軽減のために積極的に摂取していきましょう。

血流も促進され、子宮の働きにも良い効果があるといわれています。

⑤オメガ3系脂肪酸を含む「青魚」

生理痛が和らぐオススメの食べ物と飲み物10選!食事による体質改善法

青魚に含まれる油分にはDHAやEPAといった良質なオメガ3系脂肪酸が含まれ、血液をサラサラにする働きがあります。

同時にホルモンバランスを整えるビタミンEも含まれているので、生理痛を和らげたい人は肉よりも青魚を積極的に食べたほうが良いかもしれません。

オメガ3系脂肪酸は1日に900mg摂取することで生理痛の症状を軽減する作用がありますので、日頃からイワシやサンマなど青魚を食べるようにしましょう。

しかし、火を通すことで脂肪酸が溶け出してしまう性質があるため、刺し身などでそのまま食べることがオススメです。

 

生理痛を和らげる飲み物5つをご紹介!

生理痛が和らぐオススメの食べ物と飲み物10選!食事による体質改善法

飲み物は食べ物以上に口にする機会が多いので、生理痛に良くない飲み物はできるだけ避けたいですよね。

オススメはハーブティーが中心となりますが、生理痛を和らげる飲み物を5種類をピックアップしました。

①体の内側から冷えを取る「ピュアココア」

生理痛が和らぐオススメの食べ物と飲み物10選!食事による体質改善法

ココアは微量なカフェインが含まれていますが、生理痛に影響を及ぼすほどではないので安心して飲んめます。

ココアは体の冷えを内側から取る飲み物として、非常に注目されているのです。

体を温める効果が生姜よりも持続するため、寝る前に飲むことで良い睡眠が得られるでしょう。

生理痛の症状がひどい時には、ホットココアを飲んで体を休めましょう。

ただ、一般的な調整ココアは糖分が多いので血液をドロドロにしやすく、生理痛が悪化しやすいという難点があります。

できれば砂糖の含まれていないピュアココア(純ココア)が、生理痛対策としては適しています。

②ホルモンバランスを整える「ローズヒップティー」

生理痛が和らぐオススメの食べ物と飲み物10選!食事による体質改善法

ローズヒップというと一番に思い浮かぶのが「美肌効果」ですが、実はホルモンバランスを整える効果も期待できるのです。

ローズヒップティーを飲み始めてから、生理痛による頭痛の症状がなくなって薬要らずになった。」という声も多いです。

もちろん生理前の肌荒れにも良いので、高温期に入ったらティータイムに取り入れていきたいですね。

ローズヒップティーは酸っぱさが苦手だという人は、はちみつで甘さを出してみてください。

はちみつを加えるととても飲みやすくなりますよ。

③子宮収縮をスムーズにする効果「ラズベリーリーフティー」

生理痛が和らぐオススメの食べ物と飲み物10選!食事による体質改善法ラズベリーリーフティーは、妊婦さんが安産になるよう飲まれることも多いですが、実は子宮の緊張を解いてくれる働きもあるのです。

子宮をスムーズに収縮させることで安産を促していきますが、生理痛も同様に子宮をスムーズに収縮させて経血を排出する仕組みがあります。

収縮がスムーズであれば、プロスタグランジンを大量に分泌して子宮を無理に収縮させずに済むのです。

高温期から習慣的に飲むことで、PMSや生理痛の症状を和らげる作用がありますし、鉄分も含まれているので貧血による生理痛の悪化も防ぐことができます。

④生理による胃腸症状におすすめ「カモミールティー」

生理痛が和らぐオススメの食べ物と飲み物10選!食事による体質改善法

カモミールには心身のリラックス効果があり、ホルモンバランスも整えてくれるので生理痛の症状緩和に役立ちます。

プロスタグランジンの影響で胃腸にも刺激が伝わって吐き気や下痢を引き起こす人も多いのですが、カモミールティーは胃腸の調子も整えてくれます。

特に生理痛による胃腸症状があってイライラしやすいという人は、オススメのハーブティーです。

⑤活性酸素を抑える効果「ルイボスティー」

生理痛が和らぐオススメの食べ物と飲み物10選!食事による体質改善法

生理痛のもとである痛み物質、プロスタグランジンが過剰に分泌されてしまう原因のひとつに活性酸素という有害物質の存在があります。

活性酸素は老化や生活習慣の乱れなどで増加し、体の錆びの原因となるだけでなく不調や老化のもとにもなるのです。

その活性酸素の働きを抑える効果が期待できるのがルイボスティーです。

ルイボスティーを飲むことで体内の活性酸素が減り、生理中に分泌されるプロスタグランジンの量が最低限で済むように促すのです。

ルイボスティーは紅茶に似たような味わいですが、ノンカフェインなので生理痛がひどくても安心して飲めます。

 

食べ物や飲み物による生理痛解消法【体験談】

生理痛が和らぐオススメの食べ物と飲み物10選!食事による体質改善法

日頃の食事や飲み物などに工夫をして生理痛を和らげようとした方の体験談をご紹介します。

「私も血行不良による冷えが気になっていて、生理痛の症状が強く出るタイプでした。

薬に頼ってばかりなのも抵抗があり、病院で検査をして異常がないことを確認したあと、体質改善のために食べ物と飲み物に気をつけるようにしました。

早速、具体的にどのような食事メニューにしたのかを順番に説明していきますね。」

①朝食:女性ホルモンに良い「納豆とグレープフルーツ」

生理痛が和らぐオススメの食べ物と飲み物10選!食事による体質改善法

「朝食は女性ホルモンを正常に働かせる目的で、納豆を欠かさず食べています。

基本的に朝は和食中心にして、体を温める根菜入りの味噌汁も一緒にいただきます。

疲れにくい血液サラサラな体質を目指し、デザートはグレープフルーツを半分食べます。

果肉をくりぬいてヨーグルトに混ぜたり、生理痛によってイライラした時などは生搾りジュースを作るなど、毎日工夫して飽きないように食べています。」

②昼食:DHAとEPAが豊富な青魚を使った食事

生理痛が和らぐオススメの食べ物と飲み物10選!食事による体質改善法

「昼食は手軽にいただきたいので、DHAとEPAがたっぷりのサバの缶詰を使ったパスタを作ります。

魚を毎日食べるというのは難しいので、缶詰を購入すると様々な料理に使うことができます。

手軽に済ませるけれど、生理痛緩和のための工夫は怠らないのが基本です。」

③おやつ:ビタミンEたっぷり「アーモンド」

生理痛が和らぐオススメの食べ物と飲み物10選!食事による体質改善法

「おやつはビタミンEたっぷりで、プロスタグランジンを促す活性酸素の発生を抑えるアーモンドをボリボリ食べます。

カルディなどの輸入食料品店に行けば味のついたアーモンドのお菓子が並んでいますので、ぜひ購入してみてください。

口直しに朝の残りのグレープフルーツを食べると、リフレッシュして午後から過ごすことができます。

おやつタイムの飲み物は、生理痛を抑えるローズヒップなどのハーブティーをいただいて心身ともにリラックスしていました。」

④夕食:体を温める「青魚の料理と根菜味噌汁」

生理痛が和らぐオススメの食べ物と飲み物10選!食事による体質改善法

「夕食は青魚を使った魚料理がオススメで、薬味として生姜の千切りを添えると生理痛を和らげる冷えにも良さそうですよね。」

生理痛が和らぐオススメの食べ物と飲み物10選!食事による体質改善法

「更に豆腐を入れた根菜味噌汁で体を内側から温めていくようにしました。

多めに翌朝の分も作っておくと楽ですよ。

朝は忙しいのでつい簡単なパン一枚のみなど食べ物に気を遣わないことが多いですよね。

前日に具沢山の味噌汁を作っておけば温めるだけなので、軽くおにぎりと合わせれば時間もかかりません。」

⑤就寝前:冷えを予防する「ココア」

生理痛が和らぐオススメの食べ物と飲み物10選!食事による体質改善法

「体が冷えてよく眠れない、生理痛の症状が気になって眠れないというときには、寝る前に温かいココアを飲んでいました。

ココアには体を温める作用があり、さらに牛乳には良質な眠りを誘う効果が期待でき、生理中でも安眠できました。

ココアを飲むと体がポカポカしてくるので、冷えて眠れないということがなくなりました。

私は寝る前に足湯をしながらココアを飲むようにしていますが、生理痛によるお腹の痛みなどが和らいで眠りやすくなるのでオススメです。」

 

まとめ

生理痛の症状を少しでも楽にしていくために、普段から食べ物や飲み物に気をつけることの重要さをお話ししてきました。

乱れがちな食生活を改善していくことで、血液がサラサラになって冷えが解消し、自律神経とホルモンのバランスが良くなってきます。

手軽に食べられる根菜類をはじめとして、生理痛の症状を軽減させるおやつもご紹介してきました。

生活習慣を改善するにあたって、食べ物や飲み物に気を付けることから始めてみましょう。

ぜひ食事を意識して、毎回の憂鬱な気分を軽くしていきましょう。

引き続き、「生理・生理前の症状と対処法」を紹介していきます↓



他にこんな記事も読まれています

-生理痛の症状

Copyright© 【PMS】生理・生理前の症状と対処法30選まとめ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.