生理痛の症状

ひどい生理痛に低用量ピルの効果はある?副作用や保険適用についても

投稿日:

ひどい生理痛に低用量ピルの効果はある?副作用や保険適用についても

生理痛の症状がひどくて毎回困っている人も多いのではないでしょうか。

生理痛によって日常生活が満足に送れない状態を「月経困難症」といい、病院受診をされる方も多いようです。

病院での治療は、症状によっては低用量ピルが処方されます。

低用量ピルは「避妊薬」というイメージが強いですが、実は生理痛を軽くする効果も期待できるのです。

今回は、生理痛を軽減させる低用量ピルの効果や副作用についてを詳しくご紹介します。

 

なぜ低用量ピルで生理痛が軽くなるの?

ひどい生理痛に低用量ピルの効果はある?副作用や保険適用についても

ピルには、配合されているホルモンの働きにより排卵を抑制する作用があります。

そして、排卵がされなければ、子宮内膜において受精卵を着床させやすい準備がカットされるということになります。

そのため子宮内膜を排出する量が減り、生理痛のもとであるプロスタグランジンが増えるのを防ぐ働きが期待できるというわけです。

要するに、ピルは生理痛の対処療法ではなく、生理そのもののメカニズムに作用し痛みを軽減させる方法になります。

低用量ピルは、基本的に28日周期の中で休薬期間がありますので、その間に生理(正しくは生理に似た消退出血)が起こります。

スポンサーリンク

痛みや出血量が抑えられて快適に生活することができるので、生理痛がひどい方は一度病院に相談に行かれるといいでしょう。

 

低用量ピルの生理痛への効果は?保険は効くの?

ひどい生理痛に低用量ピルの効果はある?副作用や保険適用についても

低用量ピルの生理痛改善効果は、どのようなものがあるのかというと、主にこの3つがあげられます。

  • 月経困難症の症状緩和
  • 生理不順などによる精神的な不安を取る
  • 生理前の諸症状の緩和

ピル服用時は女性ホルモンの量を一定に保つことができます。また、月経困難症の症状がある人は保険適応にてピルを処方してもらうことができます。

エストロゲンの増えすぎを抑えるので、子宮内膜症、子宮筋腫、子宮腺筋症の悪化を防いでくれる薬でもあるのです。

 

生理痛で低用量ピルを処方してもらう手順は?

ひどい生理痛に低用量ピルの効果はある?副作用や保険適用についても

生理痛の症状を軽減のために「低用量ピルを使いたい!」といってもドラッグストアなどでは市販されていません。

では、低用量ピルを生理痛軽減の目的で服用するためにはどうすればいいのでしょうか?

①まずは病院を受診する

ひどい生理痛に低用量ピルの効果はある?副作用や保険適用についても

低用量ピルは医師の処方がないと服用できません。まずは生理痛の症状がひどい原因を探るためにも病院へ行きましょう。

事前に病院のホームページなどで低用量ピルの処方をおこなっているかどうかを確認しておくと良いでしょう。

②ピルを処方できるかどうか検査をする

ひどい生理痛に低用量ピルの効果はある?副作用や保険適用についても

診察室では最初に生理痛の状態や周期などについて詳しく話をし、低用量ピルを使用できるか否かのチェックをします。

まず、内診による子宮や卵巣の状態の確認、そして血液検査や尿検査などがおこなわれます。内診はほぼ100%あると思ってよいので、服装は柔らかい生地で広がりやすいスカートを履いていくと検査時にスムーズです。

③ピルの効果や使用方法の説明を聞く

ひどい生理痛に低用量ピルの効果はある?副作用や保険適用についても

問診や内診の結果、低用量ピルの使用が適切と医師が判断した場合には、ピルの飲み方や副作用、効果などをしっかり教えてもらえます。

スポンサーリンク

わからないことがあったら何でも聞いてみましょう。

最初の1周期目は様子見といった場合が多く、量としては1シートのみの処方となる場合が多いです。

④医師から低用量ピルが処方される

ひどい生理痛に低用量ピルの効果はある?副作用や保険適用についても

医師の説明を聞き、ピルの使用方法や注意点がわかったら薬を処方してもらいましょう。

最初の1ヶ月目は副作用などが比較的起こりやすい時期でもあります。

何か気になることがあった場合は簡単に日誌を付け、次回の診察時に医師に伝えられるようにしておきましょう。

ピルを服用している間は、半年ないし1年ごとなど定期的に血液検査などがおこなわれます。

 

低用量ピルはどのような副作用があるの?

ひどい生理痛に低用量ピルの効果はある?副作用や保険適用についても

生理痛の辛い症状を軽減するためにピルを飲むとき、やはり気になるのは副作用ですよね。

生理痛のような月経困難症に使われる低用量ピルは、ホルモンの配合量をギリギリまで下げているので副作用は起こりにくいとされています。

「ピルは副作用が怖い。」と耳にしますが、それは高用量ピルのことであり、低用量ピルでは副作用の心配はそれほどないと言われています。

しかし低用量ピルでも、ホルモンバランスを一時的に変えることになるので多少の体調の変化を感じることがあります。例えば以下のような症状です。

  • ダラダラ続く出血
  • 軽い吐き気
  • 頭痛
  • 体がだるい

ピルを飲み始めて1ヶ月目に上記のような軽い副作用が起こることがありますが、体がピルのホルモンバランスに慣れると消えていくので問題はありません。

 

ピルの副作用の注意点!こんな症状が出たらすぐ病院へ!

ひどい生理痛に低用量ピルの効果はある?副作用や保険適用についても

病院でピルを処方してもらう際には必ず説明がありますが、ごくまれに血栓症という血管の中で血液が固まって詰まってしまう副作用が起こる場合があるので注意が必要です。

血栓症の自覚症状は、次の4つがあります。

  • 手足がむくんで痺れてくる
  • 突然胸が苦しくなって呼吸がしづらくなる
  • 突然の激しい頭痛や意識障害
  • 急に血圧が上がってふらつきがある

このような症状が起こった場合は血栓症のおそれがありますので、救急車を呼ぶか、すぐに病院へ行きましょう。

確率的には、ピルによって血栓症を起こし生命の危機に陥るリスクは10万分の1と非常に低い数字です。

しかし、どのような薬でも少なからず副作用のリスクはあるものです。ピルの服用にも慎重になる必要があります。

ピルによる血栓症リスクが高くなる条件

ひどい生理痛に低用量ピルの効果はある?副作用や保険適用についても

以下の3つに当てはまる方はピルの副作用による血栓症リスクが多少高くなってしまうと言われています。病院によっては処方を断られるケースもあります。

  • タバコを吸っている
  • 35歳以上
  • 標準体重より肥満傾向

 

低用量ピル使用者の体験談

ひどい生理痛に低用量ピルの効果はある?副作用や保険適用についても

スポンサーリンク

「私はずっとピルを飲んでいて、飲む前は生理痛の症状がひどすぎて救急で診てもらいましたが、病院の検査では特に子宮や卵巣には問題がありませんでした。

しかし生理不順が気になっていたのと、生理前の不快な症状が強かったので医師から低用量ピルを勧められました。

残念ながらその当時は月経困難症による低用量ピルの保険適用が認可されておらず、自費による処方で毎月3,000円弱かかりました。

でも、そのおかげで生理痛が和らぎ、生理前のひどかった頭痛も治まったので、その料金はとても安く感じられました。

何より助かったのは「いつ生理が来るんだろう」という不安から解放されたことで、生理前の不安やイライラが軽減したことです。

休みの日に生理が来るように調節できることで仕事に支障が出ず、日常生活においてとても良いことだらけでした。」

ひどい生理痛に低用量ピルの効果はある?副作用や保険適用についても

「幸い私の場合、ピルによる副作用は最初の1ヶ月だけ出血がダラダラ続くというものだけで、日常生活で支障はありませんでした。

心配していた妊娠への影響も全くなく、ピルをやめてからすぐに妊娠でき、問題なく産後生理が軽くなって現在に至ります。

低用量ピルを飲んでいるというと「え?」という顔をされることも時にはありましたが、もっと世間の認知度を高めて誤解を解いていってほしいなと思いました。」

 

まとめ

今回はピルの効果や副作用などの基礎知識をご紹介してきました。

生理痛の辛い腹痛を軽減するために低用量ピルを服用される方も多いことでしょう。

ピルを服用するには医師の診察を受けることが必須となりますが、定期的検査は自分の健康に気を遣う良い機会にもなります。

ピルはホルモンのバランスを整えて排卵を抑制し、生理痛の根本を解決してくれる薬です。

生理痛の症状で毎回辛い思いをしている方は、ぜひ病院受診をしてピルを処方してもらうといいかもしれません。

引き続き、「生理・生理前の症状と対処法」を紹介していきます↓


スポンサーリンク



-生理痛の症状

Copyright© 【PMS】生理・生理前の症状と対処法30選まとめ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.