生理

生理の時期が遅れる!なかなか出血が始まらない原因と対処法5選

投稿日:

生理の時期が遅れる!なかなか出血が始まらない原因と対処法5選

生理が遅れると、一体いつくるのかな?もしかして妊娠した?など原因がわからないとたくさんの不安がやってきますよね?

毎回生理が遅れるという人もいれば、たまに遅れてしまう人もいます。

実は生理はとてもデリケートなので、ちょっとしたことが原因で遅れることがよくあるのですね。

そこで今回は生理の時期が遅れるという人に向けて、なかなか出血が始まらない原因と対処法を5種類ご紹介します。

 

1.生理が遅れる時、何日までなら正常の範囲内?

生理の時期が遅れる!なかなか出血が始まらない原因と対処法5選

生理が遅れるとひとくちに言っても、2〜3日遅れている場合と1〜2週間遅れている場合ではだいぶ捉え方が違ってきますよね?

一般的に女性の月経周期は簡単にずれやすく、何も問題となる原因がなくても生理が遅れることはよくあるのです

生理の理想的な周期は28日ですが、25〜38日の間であれば正常の範囲内になります。

つまり、10日程度遅れるのは過度に心配することではないということですね。

生理の時期が遅れる!なかなか出血が始まらない原因と対処法5選

ただ、毎月のように10日くらい遅れて月経周期が長い傾向にあるなど心配なことがあれば、一度病院で検査をおこなっても良いかもしれません。

1週間程度生理が遅れるくらいでは、疲れやその時の体調によっては十分あり得ることなのであまり思いつめないようにしましょう。

 

2.生理が遅れる原因と対処法5選

生理の時期が遅れる!なかなか出血が始まらない原因と対処法5選

生理が遅れるのには、問題の有無にかかわらず原因があります。

おそらく生理が遅れる時点で、何か思い当たる節があるという人が多いのではないでしょうか?

生理が遅れる原因によっては対処法もそれぞれ異なってくるので、まずは自分がどうして生理が遅れるのかを見極めることが必要になります。

そこで生理が遅れる原因と対処法を5種類ご紹介していきます。

 

①妊娠の可能性がある

生理の時期が遅れる!なかなか出血が始まらない原因と対処法5選

特定のパートナーがいる人で生理が遅れる場合に一番に考えるのが、妊娠したのかもしれないということですよね?

生理は子宮内膜に着床しなくて不要になった場合、剥がれ落ちて体外に排出される現象です。

そのため、受精卵が見事子宮内膜に着床した場合は、黄体ホルモンのプロゲステロンが長く分泌されて子宮内膜を妊娠継続しやすいよう維持します

生理の時期が遅れる!なかなか出血が始まらない原因と対処法5選

そのため黄体期がずっと終わらない状態になり、生理がこないのです。

生理が1週間遅れると妊娠検査薬を使えるので、その時点で判明する人が多いのではないでしょうか?

基礎体温を測っている人は高温期が14日ほどで終わって体温が下がるはずなのに、高温期が3週間以上続いていることに気づくでしょう。

生理の時期が遅れる!なかなか出血が始まらない原因と対処法5選

まれに着床時に出血を起こすことがありますが、妊婦の1〜2割と高い確率ではありません。

身に覚えがあって生理が遅れるという場合には、妊娠の可能性を視野に入れましょう。

 

②ホルモンバランスが崩れている

生理の時期が遅れる!なかなか出血が始まらない原因と対処法5選

生理が遅れる原因は日常の中でたくさんあり、体が疲れていたり精神的にストレスが溜まっているとホルモンバランスが崩れやすくなります。

ホルモンがうまく分泌されないと生理が遅れる、または早くきてしまうなどの影響が出てきてしまうのです。

良く仕事などで疲れている時には、生理が遅れることが多くないですか?

ホルモンバランスが崩れると自律神経のバランスも同時に崩れてしまうので、生理が遅れるだけでなく生理前の不調も強く出る場合が多いです。

生理の時期が遅れる!なかなか出血が始まらない原因と対処法5選

対処法としては質の良い睡眠を確保することと、ストレスが溜まらないように気分転換をしていくことが大切になります。

また食生活もホルモンバランスを整えることにつながるので、三食できれば規則正しく栄養バランスに気をつけてとるようにしてくださいね。

 

③薬の副作用によるもの

生理の時期が遅れる!なかなか出血が始まらない原因と対処法5選

あまり知られていませんが、実は生理が遅れるのは薬の副作用による原因が考えられるのです。

抗うつ剤などのメンタル系の薬や吐き気止めの胃薬を飲んでいて、毎回生理が遅れる人はいませんが?

それは体自体に問題があるわけではなく、薬の副作用が原因かもしれません。

抗うつ剤や吐き気止めの中にはホルモンを分泌する脳下垂体などに作用するものがあるので、中には生理が遅れる副作用があります。

生理の時期が遅れる!なかなか出血が始まらない原因と対処法5選

しかし抗うつ剤は余程の副作用がない限り、なかなかすぐにやめられるものではないですよね?

生理があまりに遅れる場合にはホルモン剤を服用するなど対処法はありますので、副作用が気になったら早めに医師に相談しましょう。

 

④婦人科系の病気が潜んでいる

生理の時期が遅れる!なかなか出血が始まらない原因と対処法5選

生理が遅れるのには、婦人科系の病気が原因の場合があります。

子宮筋腫など多くの女性が悩んでいる病気もあり、子宮以外にも卵巣の病気が原因となっていることも…。

子宮の病気は生理が遅れる以外に、出血量がおかしかったり痛みが強いなど他の症状が出ることが多いので意識してみましょう。

生理の時期が遅れる!なかなか出血が始まらない原因と対処法5選

また卵巣の病気はホルモン異常から排卵をおこなうことができず、そこから生理が遅れる可能性があるのです。

婦人科系の病気は生理が遅れるなどの自覚症状がハッキリ現れないこともあるので、定期検診を受けるのが大切です。

特に成人となったら子宮頸がん検診は年に一度、必ず受けておきましょう。

 

⑤早発閉経の可能性がある

生理の時期が遅れる!なかなか出血が始まらない原因と対処法5選

閉経というと、50歳を過ぎた女性に関係することだと思ってはいませんか?

実は閉経に関わる更年期は20〜30代の若年層でも稀に起こることがあり、最悪平均よりもだいぶ早い段階で閉経をしてしまいます。

症状は生理が遅れることで月経周期がだんだん長くなっていく、出血量が減っていくなどです。

このような若いのに閉経の症状が現れることを早発閉経といい、本来排卵するはずの卵胞が見当たらなかったり卵巣が機能しなくなります。

生理の時期が遅れる!なかなか出血が始まらない原因と対処法5選

そうなると妊娠も難しくなり、生理が完全に止まってしまい取り返しのつかないことになりかねません。

生理が遅れるだけでなく、月経周期がだんだん長くなっている場合には早急に病院でホルモン値の検査をしてもらいましょう

 

3.生理が遅れる時に使う妊娠検査薬の注意点2つ

生理の時期が遅れる!なかなか出血が始まらない原因と対処法5選

生理が遅れるのは妊娠が原因という明確な証拠を探るには、妊娠検査薬を使うのが一番早く正確性も高いです。

生理が遅れるときに試すことが多い妊娠検査薬ですが、便利な反面気を付けたいことが2点あります。

そこで妊娠検査薬の注意点を2つご紹介します。

 

①正しい検査時期におこなう

生理の時期が遅れる!なかなか出血が始まらない原因と対処法5選

妊娠検査薬は妊娠したときに分泌されるホルモンの数値に反応するので、ある程度妊娠してから時間がたたないと正しい結果が出ません。

でも1日でも早く妊娠しているかどうか結果が知りたいと思ってしまうのが、普通ですよね?

しかし正しい結果が出ないのは自分のためになりませんし、ここはグッと我慢しましょう。

妊娠検査薬は生理予定日から1週間遅れると正しい結果が出るようになりますので、それまでは薬の服用などに念のため気を付けて過ごしましょう。

生理の時期が遅れる!なかなか出血が始まらない原因と対処法5選

どうしてもフライング検査をしたい!という場合は、薬剤師の指導を受けて販売してもらえる早期妊娠検査薬というものがあります。

ただ値段も高いですし数日我慢すれば普通にドラッグストアで購入できるので、できれば我慢して通常タイプの検査薬を購入しましょう。

2回分だと陰性になった時に再検査をすることができるので、1回分よりも安心感がありますね。

 

②陰性の場合は病気が潜んでいる場合もある

生理の時期が遅れる!なかなか出血が始まらない原因と対処法5選

検査薬を使っても陰性の結果が出て、さらに生理が遅れるという場合には別に原因があって病気が潜んでいることもあります。

ホルモンバランスが崩れていたり子宮や卵巣に問題があると、将来不妊になってしまうことも考えられるのです

生理の時期が遅れる!なかなか出血が始まらない原因と対処法5選

生理予定日から1週間後、あるいはタイミングをとった日から3週間後以降に検査薬を使ったのに陰性の結果が出た場合は妊娠の可能性はかなり低いです。

でも生理が遅れる原因がわからないまま病院に行くのも、不安で仕方ないですよね?

しかしここで放置するともっと大変なことになってしまうので、早めに対処をすることが重要です。

 

4.まとめ

生理の時期が遅れるという人に向けて、なかなか出血が始まらない原因と対処法を5つご紹介してきました。

生理が遅れるといっても、正常な範囲は25~38日と幅があってよほどの遅れでない限り問題はないことが多いです。

しかしホルモンバランスの乱れが原因の場合は見直す必要がありますし、薬の副作用や婦人科系疾患、そして早発閉経の可能性がある時は医師と相談しながら様子を見ていく必要があります。

生理が遅れるときには妊娠している可能性もあるので、身に覚えがある時には妊娠検査薬を使用します。

検査薬を使うときは生理予定日1週間後の正しい時期におこなうようにし、陰性の結果が出た時は別の原因があると判断して早めに病院で検査を受けるようにしましょう。

引き続き、「生理・生理前の症状と対処法」を紹介していきます↓



他にこんな記事も読まれています

-生理

Copyright© 【PMS】生理・生理前の症状と対処法30選まとめ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.