生理

生理を止める方法!安心して月経周期をコントロールする方法3選

更新日:

生理を止める方法!安心して月経周期をコントロールする方法3選

毎月やってくる生理は、不快感や痛みのない人にとってはそこまで気になりません。

しかし症状がひどい人にとっては、なんとか生理を止める方法は無いのかと模索してしまうほどです。

しかし健康な状態であれば毎月生理がくるので、それを止めることは果たしてできるのでしょうか?

また生理を止めるとしたら、どのような方法でおこなうのでしょうか?

そこで今回は生理を止める方法と、安心して月経周期をコントロールする方法について3つご紹介します。

 

1.生理を止める希望をするのはどんなとき?

生理を止める方法!安心して月経周期をコントロールする方法3選

生理を止めるという希望があるということは、よほどの症状があるのが簡単に想像できますよね?

このように考えている際には毎月気持ちが落ち込んだり、痛みなどで日常生活に支障が出るのがほとんどです。

例えば生理の時の出血量が多すぎて貧血になってしまうときには、一度生理を止めることで出血をストップさせます。

また子宮内膜症のように生理の回数を重ねるごとに悪化していくような病気がある場合にも、一時的に生理を止める治療をします。

生理を止める方法!安心して月経周期をコントロールする方法3選

生理による貧血も子宮内膜症なども、ほとんどが日常生活を満足に送れなくなる病気です。

このような場合に医師に相談したときに、生理を止める治療を始めるかどうか提案されることが多いです。

それかあまりに自身で辛いと思っている場合には、医師に生理を止めたいと申告することも大切ですね。

 

2.生理を止めるために月経周期をコントロールする3つの方法

生理を止める方法!安心して月経周期をコントロールする方法3選

生理を止めるということは、月経周期に合わせたホルモンバランスを変えていくということになります。

生理はそもそも排卵が起こって、受精卵が子宮内膜に着床しなかった場合に不要になった組織が剥がれて起こる現象です

つまり排卵がない状態で、子宮内膜が厚くならなければ生理を止めることができるんですね。

生理を止める方法!安心して月経周期をコントロールする方法3選

そのためにはピルというホルモンが含まれている薬を服用して、排卵を一時的に止める必要があるのです。

そこで生理を止めるために月経周期をコントロールする3つの方法をご紹介します。

 

①一般的な低用量ピルを服用する

生理を止める方法!安心して月経周期をコントロールする方法3選

マーベロンやオーソなどの一般的な経口避妊薬は、低用量ピルと呼ばれています。

低用量ピルは排卵を抑える効果が出るギリギリの量のホルモンが配合されており、1シート服用後の休薬期間に生理がくるという仕組みです。

つまり低用量ピルを飲んでいる間は生理が止まるので、最大1週間ほど生理を止める作用があり予定日を遅らせることができます

一般的な低用量ピルは主に避妊を目的として処方されますが、生理を止めるというよりズラす効果もあるということですね。

生理を止める方法!安心して月経周期をコントロールする方法3選

一般的な低用量ピルは、月経困難症適用の種類以外は全額自己負担で1シート2,500〜3,000円程です。

低用量ピルは生理の初日から飲み始めなくてはならないので、少なくとも1回は生理がくるのを待たなければならない難点があります。

 

②中用量ピルで生理を遅らせる

生理を止める方法!安心して月経周期をコントロールする方法3選

生理を止めたい、あるいは生理のタイミングを遅らせたいということで病院に行くとだいたい中用量ピルが処方されます。

プラノバールという名前の薬で、服用している間は生理が止まるので大事な予定などの日に生理がこないようにできるのです。

プラノバールは飲まなくなってから2日後くらい、遅くても5日以内には生理がくるので一時的な生理を止める方法としてはポピュラーです。

プラノバールは低用量ピルと違っていつでも飲み始めることができるので、次の生理を止めるといった場合でも効果が出るのが嬉しいですね。

 

③新しいタイプのピルを服用する

生理を止める方法!安心して月経周期をコントロールする方法3選

生理を止める方法を探している人にとって、生理を長い間止められたらいいのに…と考える人は多いですよね?

月経困難症適用ピルのひとつであるヤーズ配合錠から、新しいタイプの薬が発売されました。

これまではピルの休薬期間に生理が来ていたのですが、生理を完全に止める目的で販売されたのがヤーズフレックスです。

子宮内膜症など例え症状が軽くなったとしても生理になりなくないといった場合に、とても役立ちます。

生理を止める方法!安心して月経周期をコントロールする方法3選

ヤーズフレックスは休薬期間を設けず、ずっと毎日飲み続けるタイプの新しいピルです。

もちろん飲んでいる間は生理を止める作用が持続しているので、これまで生理に振り回される生活から脱することができます。

 

3.生理を止める方法においての注意点4つ

生理を止める方法!安心して月経周期をコントロールする方法3選

生理を止めるにはピルの服用が効果的なのですが、やはり薬なので副作用など気を付けたいことは多いですよね?

慣れてしまえばそこまで気にならなくなるのですが、以前よりも自分の体について考える機会は増えるでしょう。

そこで、生理を止める方法においての注意点を4つご紹介します。

 

①副作用に注意する

生理を止める方法!安心して月経周期をコントロールする方法3選

低用量ピルはホルモンの含有量が少ないため副作用は出にくいとされていますが、実際は飲み始めにホルモン値が安定するまでは吐き気や頭痛などの症状が出やすいです。

特に生理を止める目的で処方されやすい中用量ピルはホルモンの含有量も少し多いので、副作用が強めに起こる場合があります。

生理を止める方法!安心して月経周期をコントロールする方法3選

また稀な確率ではありますが、血管の中で血が固まって詰まってしまう血栓症になる場合があります。

副作用はタバコをよく吸う人だったり35歳以上などに多く見られるため、ピル処方時には必ず事前の問診があります。

 

②金銭面で負担がかかる

生理を止める方法!安心して月経周期をコントロールする方法3選

生理を止めるのが一時的なことなら良いのですが、期間が長くなるとそれだけピルを飲み続けなくてはなりません。

そうなると毎月3,000円ほどの金額がかかるだけでなく、ピル服用中には欠かせない定期検診代などでさらに5,000〜10,000円ほど追加でかかってきます。

たしかに毎月そのくらいの金額で快適な日常を送ることができるなら安くも感じられますが、やはり地味に負担になってくることは間違いありません。

病院によって差はあれど、年間50,000円くらいはピルにお金をかけることになるのです。

 

③毎日同じ時間に飲み続けなければならない

生理を止める方法!安心して月経周期をコントロールする方法3選

ピルは毎日同じ時間に飲み続けないと、生理を止めることはできません。

服用時間がバラバラになるとホルモンの血中濃度が下がった時に、排卵を起こしてしまう可能性があるのです

ホルモンの血中濃度を均一に保つためにも、普段から飲み忘れにくい時間に服用するようにしましょう。

できればスマホのアラームやピル服用者のためのアプリを使うと、とても便利ですよ。

 

④定期検診はしっかり受ける

生理を止める方法!安心して月経周期をコントロールする方法3選

ピルを服用するようになると、医師から定期検診を受けるよう指示があります。

病院によりますが3ヶ月ごとだったり半年ごとだったり、まちまちです。

検査内容としては、超音波による経膣エコー検査で子宮や卵巣の状態を見ます。

そして血液検査をして血が固まりやすい状態になっていないか、そしてホルモンのバランスが崩れていないかなどを見ます。

ピルを飲むと少なからず血が固まりやすくなるので、血液検査は億劫かもしれませんが必ず受けましょう。

生理を止める方法!安心して月経周期をコントロールする方法3選

1回の検査にかかる費用は薬代を抜いて5,000〜10,000円程度ですので、少し経済的には打撃を受けるところですよね?

これに加えて、1年に1度くらい子宮頚がん検診も追加されます。

ピルを飲み始めると生理を止める効果があって生活の質が上がるのですが、それだけやらなければならないことも多いのです。

しかし婦人科の検査を定期的におこなう人は少ないので、これを機に自分の体と向き合えるのは良いことですよね?

 

4.まとめ

生理を止める方法を知りたい人に向けて、安心して月経周期をコントロールする方法を3つご紹介してきました。

生理を止めるにはホルモンのバランスを変えるピルを服用して、排卵を一時的にストップして子宮内膜が厚くならないようにします

ピルにも3種類あって、一般的な避妊用ピルと中用量ピル、そして新しいタイプのピルです。

ピルは月経周期のコントロールをしてくれて便利なものですが、注意する点もあります。

副作用や金銭的な面、そして生活習慣の面など意識を変えていかなくてはなりません。

しかし生理を止めるには欠かせないものですので、まずは医師の検査を受けて許可を得たら試してみましょう。

引き続き、「生理・生理前の症状と対処法」を紹介していきます↓



他にこんな記事も読まれています

-生理

Copyright© 【PMS】生理・生理前の症状と対処法30選まとめ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.