おりもの

おりものが大量に出てくる!量が多いときに考えられる3つの症状

投稿日:

おりものが大量に出てくる!量が多いときに考えられる3つの症状

おりものは女性の体にとって、細菌を防いだり汚れを洗い流す働きがあるので欠かせないものです。

しかしあまりにもおりものが大量に出てくると、どこか異常があるのではないかと心配になってしまいますよね?

おりものの状態は、健康状態を表すバロメーターとも表現されるので日頃からチェックしておくことが大切です。

そこで今回は、おりものが大量に出るときに考えられる3つの症状についてご紹介します。

 

1.おりものは生理周期の時期によっても大量に出る

おりものが大量に出てくる!量が多いときに考えられる3つの症状

おりものの量はずっと同じではなく、生理周期の時期によって大量に出やすい時があります。

特におりものが増えるのは排卵前の時期で、精子をより卵子まで届きやすくするために大量に出てくるのです。

排卵期になるとおりものの量で、排卵したかがわかるという人もいます。

また排卵期だけでなく、生理の直前にも大量に出てくることが多いです。

おりものが大量に出てくる!量が多いときに考えられる3つの症状

生理前の黄体期では通常おりものの量は少なくなるのですが、生理直前になると大量に分泌されるので「そろそろ生理がくるかな?」という目安にもなります。

このように生理周期の中でホルモンのバランスが変化しておりものの量も変わってくるので、急に大量に分泌されたからといって必ずしも異常があるとも言えないのです

 

2.おりものが大量に出たときのチェック項目3点

おりものが大量に出てくる!量が多いときに考えられる3つの症状

おりものが大量に分泌されるとビックリしてしまいますが、量だけでは異常があるかどうかはわかりません。

量の他にチェックしておきたい項目が3点あるので、おりものが大量に出たときにはまずこれらを確認するようにしましょう。

それではおりものが大量に出たときのチェック項目を3点、ご紹介します。

 

①おりものの色の状態を見る

おりものが大量に出てくる!量が多いときに考えられる3つの症状

おりものが大量に出たときには、まず色の状態を見ることが大切です。

生理周期に伴うおりものの量の変化では、排卵出血や着床出血の可能性があるため少量の出血があっても問題ない場合の方が多いです。

おりものが大量に出てくる!量が多いときに考えられる3つの症状

しかし、明らかに色がおかしい(黄緑色や黄土色など)ときには病院で詳しく調べてもらった方が良いでしょう。

血液が混じった茶おりでも、中には何かの病気が潜んでいる場合も稀にあります。

少しでも不安に感じたら、医師に相談するのがベストですね。

 

②おりものから変なニオイはしないか

おりものが大量に出てくる!量が多いときに考えられる3つの症状

おりものは通常少しだけ酸味を感じるニオイがしますが、これはおりものに含まれる体に良い細菌の影響です。

しかし、おりものが大量に出て異常があるときにはニオイをより注意深くチェックする必要があります。

魚が腐ったような生臭いニオイはしないかなどを調べて、悪臭がする場合には病院で診てもらいましょう。

また、ニオイを正確に判断するためにデリケートゾーンは常に清潔にしておきたいですね。

 

③おりものの形状を見る

おりものが大量に出てくる!量が多いときに考えられる3つの症状

おりものが大量に出たときには、その形状も注意深くチェックする必要があります。

通常おりものは生理周期によって卵胞期はサラサラしていて、排卵後の黄体期になると粘度が上がります

例えるなら卵の白身のような状態で、このような形状のときには特に心配は要りません。

しかし異常があるおりものの場合は大量に出るばかりか、カッテージチーズのようにポロポロしていたり泡のような見た目になることがあります。

おりものは量だけでなく、形状も大切なチェックポイントということですね。

 

3.おりものが大量に出るときに考えられる3つの症状

おりものが大量に出てくる!量が多いときに考えられる3つの症状

おりものが大量に分泌していると、どこか悪いところがあるのではないかと不安になってしまいますよね?

生理的なもので問題ない場合が多いのですが、中には体調不良によって症状が出ていることもあります。

もしおりものが大量に出ることで気になる場合には、早めに医師に相談すると良いでしょう。

それでは、おりものが大量に出るときに考えられる3つの症状をご紹介します。

 

①子宮頸部びらんの症状

おりものが大量に出てくる!量が多いときに考えられる3つの症状

子宮頸部びらんは特に病気というまではいかず、約8割の女性になんらかの症状があります。

子宮頸部表面の皮膚がめくれて、薄くなってしまっている状態を指します。

少しの刺激で出血しやすい特徴があり、びらん部分を守るためにおりものが大量に分泌されます。

軽い症状であれば特に治療の必要はありませんが、重症の場合には膣錠などで炎症を抑えていきます。

おりものが大量に出てくる!量が多いときに考えられる3つの症状

心配があまりない症状ではありますが、稀に子宮頸がんの初期症状と間違えることがあるので油断はできません

少量の出血を起こしやすいなど自覚症状があったら、早めに病院で診てもらいましょう。

 

②胃腸の調子が良くない

おりものが大量に出てくる!量が多いときに考えられる3つの症状

おりものが大量に出るのと胃腸と、どこに関連があるのかと思いますよね?

実は胃腸の調子と自律神経の働きは密接な関わりがあり、ストレスによって体調不良に陥っている場合が多いのです。

自律神経のバランスが崩れて胃腸の調子が悪いと、女性ホルモンのバランスも同時に崩れてしまっておりものの量が変化します。

この場合、色が少し濃くて赤みがかっていることがあるので、注意深くチェックしましょう。

胃腸の調子を整えるには、ストレスを溜めないようにして冷たいものを摂り過ぎないように注意してくださいね。

 

③クラミジアなどの性感染症による症状

おりものが大量に出てくる!量が多いときに考えられる3つの症状

最近幅広い世代で猛威をふるっている性感染症ですが、クラミジアや淋菌感染症など多くの病気がおりものが大量に出るという自覚症状があります。

また量だけではなくニオイがとんでもなく悪臭だったり、見た目の色味が明らかにいつもと違うなども判断基準です。

クラミジアや淋菌感染症などの性感染症は、放っておくと将来不妊になる可能性が高いので早く完治させるべき病気になります。

治療に時間がかかる性感染症もあるので、根気強く完治を目指さないと再発したり悪化してしまいます。

きちんと医師の指示に従って、治療をおこなっていきましょう。

 

4.おりものが大量に出たときに不快にならないための対策

おりものが大量に出てくる!量が多いときに考えられる3つの症状

おりものが大量に出てしまうと、下着も汚れてしまって不快感が増してしまいますよね?

そんなときにできる対策が、おりものシートを使用することです。

シートを使えば下着が汚れるのを防げるだけでなく、においも抑えられるので不快感が軽減します。

しかしこまめに取り替えないと、蒸れたり不衛生になってしまうので注意が必要です。

おりものが大量に出てくる!量が多いときに考えられる3つの症状

特に外出先などで交換がおろそかになりやすいので、ポーチなどに数枚忍ばせておくと良いでしょう。

また家にいるときはシートの代わりに清潔なガーゼハンカチなどを下着に当てておくと、汚れたらすぐ洗濯機に入れるだけなので簡単です。

洗って繰り返し使えるので経済的ですし、ガーゼハンカチの柔らかな肌触りが快適さを増していきます。

おりものが大量に出ても慌てないために、あらかじめ準備をしておきたいですね。

 

5.まとめ

おりものが大量に出てきて困っている人に向けて、量が多いときに考えられる3つの症状をご紹介してきました。

おりものは生理周期の中では、排卵後の黄体期に大量に分泌することが多いです。

異常な量かを見極めるには、他に色や状態、においなどを同時にチェックします。

おりものが大量に出たときに考えられる症状としては子宮頸部びらんや胃腸の不調、そして性感染症が挙げられます。

量だけではなく見た目やにおいなどを確認し、少しでもおかしいと思ったらすぐに病院に行きましょう。

またおりものが大量に出て不快感が強いときには、おりものシートを利用したり家ではガーゼハンカチを下着に当てておくなどして対策をしてみてください。

少しでも快適に過ごせるように、工夫をしていきたいですね。

引き続き、「生理・生理前の症状と対処法」を紹介していきます↓



他にこんな記事も読まれています

-おりもの

Copyright© 【PMS】生理・生理前の症状と対処法30選まとめ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.