生理前

生理前のおりものの量はどうなる?量が少ない時の3つの原因

更新日:

生理前のおりものの量はどうなる?量が少ない時の3つの原因

生理前にかかわらず女性は生理周期の中でホルモンの分泌量が変わるので、おりものの量が多かったり少ないなど変化していきます。

その中で特に生理前というのはおりものの量で間も無く生理が来るなどを予測できるので、余計に敏感になってしまいますよね?

そこで今回は生理前はおりものの量はどうなるのか、またあまりない時に考えられる3つの原因についてご紹介します。

 

1.生理前にはおりものの量はどうなるの?

生理前のおりものの量はどうなる?量が少ない時の3つの原因

排卵が終わって黄体期に入ると一般的におりものの量は減少するのですが、生理前になると一時的に増える傾向にあります。

また粘り気が出たり、においを強く感じることも多くなります。

こうした生理前のおりものの変化から、もうすぐ生理が来るのかな?と予測することができます。

生理前の中でも直前になると、おりものの粘度を上げているプロゲステロンの分泌量が減る関係もあって水っぽいおりものが出ることもあります

生理前のおりものの量はどうなる?量が少ない時の3つの原因

排卵が終わって量が少ない状態だったのが、急に増えてきたらもうすぐ生理が来るサインだととらえても良いでしょう。

生理前にはおりものが増えるので、下着を清潔に保つためにもおりものシートをこまめに替えるなどしておくと不快感が少ないです。

生理前のおりものの量はどうなる?量が少ない時の3つの原因

ストレスなど些細なことで体内のホルモン環境は変化するので、生理前でも量が少ないといって過剰に心配することはありません。

異常がありかどうかはどちらかというよりも量を気にするより、見た目やにおいなどの状態をチェックしていくようにしましょう。

 

2.生理前におりものがあまりない時の3つの原因

生理前のおりものの量はどうなる?量が少ない時の3つの原因

生理前におりものがあまりないと、本当にちゃんと生理が来るのかなと不安になってしまいますよね?

しかし、生理前はホルモンバランスも崩れやすいですしいろんな原因でおりものが少ない場合もあるのです。

そこで、生理前におりものがあまりない時の3つの原因をご紹介します。

 

①ホルモンバランスが崩れている

生理前のおりものの量はどうなる?量が少ない時の3つの原因

女性の体はデリケートなので、ホルモンバランスは思った以上に簡単に崩れてしまうものです。

おりものはエストロゲンというホルモンの分泌量と比例しており、エストロゲンが少なくなると同時におりものも少なくなります。

エストロゲンの分泌量に影響を与える日常生活は、以下のようなことが挙げられます。

  • 精神的なストレスを受けた
  • 肉体的に疲れがたまっている
  • 食生活が乱れがち
  • 過度なダイエットをしている
  • 飲酒や喫煙の習慣がある

このような生活習慣はエストロゲンの分泌が悪くなるだけでなく、生理不順などを引き起こすので当てはまった場合は生活を見直すようにしましょう。

 

②膣カンジダなどのトラブルが起きている

生理前のおりものの量はどうなる?量が少ない時の3つの原因

生理前はおりものの量が増える傾向にありますが、少ないというよりもポロポロしたカスのような状態になっていたら膣カンジダの可能性があります。

膣カンジタは免疫力が弱っている時などにかかりやすく、一度かかると再発しやすいのが特徴です。

カッテージチーズのようなおりものが出た場合には、生理前など時期を問わずに病院で診てもらうようにしましょう

膣カンジタ用の市販薬もありますが、自己判断はせずにまずは医師に相談することが大切です。

生理前のおりものの量はどうなる?量が少ない時の3つの原因

生理前の不快な症状が出ている中で、膣カンジタによるおりものの異常やかゆみがあるだけで不快感が増してしまいます。

症状が出たら早めに治していくのが一番ですので、不安に思ったらすぐ病院へ行きましょう。

 

③閉経の可能性がある

生理前のおりものの量はどうなる?量が少ない時の3つの原因

通常生理前はおりものの分泌量が増えて、生理直前には少ない状態になっていきます。

しかし、分泌量が少ない状態のままなかなか生理がこないとなると、閉経の可能性があります。

閉経期が近づくとエストロゲンの量が減少し、生理前の不快な症状が現れやすくなります。

いわゆる更年期障害という症状ですね。

生理前のおりものの量はどうなる?量が少ない時の3つの原因

若い世代では閉経なんて関係ないのでは?と思ってしまいがちですが、実は20〜30代で起こる早発閉経という症状もあるのです。

生理前なのにおりものの量が少ない、そして生理不順で間隔が長くなってきている場合には要注意です。

一度病院で血液検査をして、ホルモンの量を調べてもらった方が良いでしょう。

 

3.生理前以外におりものが少ない時期は2つある

生理前のおりものの量はどうなる?量が少ない時の3つの原因

生理前の中でも生理がくる直前はおりものが少ない人が多いのですが、実は生理前以外にもおりものが少ない時期があるのです。

おりものの分泌はエストロゲンの分泌量に比例しているので、生理周期の中でエストロゲンが減少するタイミングが少ない時期というわけですね。

では、生理前以外におりものが少ない時期を2つご紹介します。

 

①排卵後はおりものが少ない

生理前のおりものの量はどうなる?量が少ない時の3つの原因

排卵後はおりものを増やすホルモンであるエストロゲンに代わって、プロゲステロンの分泌量が増えます。

そのため、排卵後はおりものが少ない傾向にあるのです。

排卵前にはおりものが増えることで知られていますが、そこからおりものが一気に少ない状態になると排卵したというサインになるのですね。

排卵後の中でも生理前の時期に差し掛かるとまたおりものが増えていき、直前でまた少なくなります。

このあたりの時期はホルモンの変動も激しいので、人によっては体調不良を訴えやすくなるのです。

 

②生理直後はおりものが少ない

生理前のおりものの量はどうなる?量が少ない時の3つの原因

生理が終わったすぐ後は、まだおりものが少ないことが多いです。

中にはまだ経血が混ざっていて、茶おりのように感じる人もいるでしょう。

生理後すぐはエストロゲンの分泌が減少するので、おりものが少ない傾向にあるのです。

生理が終わってしばらく経って、排卵期に近くなればなるほどまた分泌量が増えてきて排卵に備えます

これはおりものが、精子を運ぶ手助けをする役割があるからなのです。

生理前のおりものの量はどうなる?量が少ない時の3つの原因

排卵期にこの働きをすることで、より受精をしやすい状態にもっていくというわけですね。

そこで生理前になるとより生理のデトックス作用に備えて雑菌を洗い流すために、おりものの量は増えていきます。

 

4.生理前のおりものの量が少ないのはおかしい?

生理前のおりものの量はどうなる?量が少ない時の3つの原因

排卵期からしばらく経って生理前までは、おりものが少ない人が多いです。

しかし一般的に、もうそろそろ生理がくるかなという時期は反対に分泌量が増えていきます。

しかし全員が全員分泌量が多くなるわけではなく、あくまで個人差が大きいのでもちろん少ない人もいます。

生理前のおりものの量はどうなる?量が少ない時の3つの原因

人によってはあまり生理周期を通しておりものが気にならないという人もいますし、おりものシートが手放せないという人もいます。

ただおりものは膣に入り込もうとする雑菌を洗い流す作用があるので、生理前になると生理のデトックス作用があるために一時的に分泌が活発化する場合が多くなります。

生理痛や経血量に個人差があるように、おりものも「この時期だから量が少ない、多い」とは言い切れないのです。

生理前のおりものの量はどうなる?量が少ない時の3つの原因

あくまで分泌量はそろそろ排卵期に入る、生理がきそうなどの目安にするのが良いでしょう。

ただおりものは健康状態のバロメーターとも言われるくらいなので、少しでも様子がおかしいと思ったら早めに病院を受診してくださいね

 

5.まとめ

生理前はおりものの量はどうなるのか、あまりない時の3つの原因についてご紹介してきました。

生理前には一般的におりものの分泌量は多くなる傾向にあり、排卵期を過ぎたあたりと生理直後は少ない傾向にあります。

生理前なのにおりものが少ない原因としてはホルモンバランスの崩れや膣カンジタなどのトラブル、そして閉経が近いことが挙げられます。

生理前におりものが増えてくるのは、プロゲステロンの分泌量が一時的に少ないためです。

基本的にエストロゲンの分泌量が多いと、おりものも増えていきます。

ただ生理前とひとくちに言っても、分泌量には個人差があるのであまり気にし過ぎないことが大切です。

おりものの状態がいつもと違うなど、気づく点があれば医師に相談し、早めに治療をするようにしましょう。

引き続き、「生理・生理前の症状と対処法」を紹介していきます↓



他にこんな記事も読まれています

-生理前

Copyright© 【PMS】生理・生理前の症状と対処法30選まとめ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.