ピル

ピルを飲んでから生理がこない!考えられる2つの原因と4つの対処法

投稿日:

ピルを飲んでから生理がこない!考えられる2つの原因と4つの対処法

ピルを服用して1シートを飲み終えたら、休薬期間に入って通常その間に生理が起こります。

しかし、休薬期間に入ってもう次のシートを始めないといけない時期になっているのに生理がこない!

これはちょっと何かあるのかと焦ってしまいますよね?

そこで今回は、ピルを飲んでから生理がこないときに考えられる2つの原因と4つの対処法をご紹介します。

 

1.ピル服用中の出血は生理ではない?

ピルを飲んでから生理がこない!考えられる2つの原因と4つの対処法

多くの人がピル服用時の休薬期間中に起こる出血を生理だと思っているのですが、実はピル服用中の出血は生理ではないのです。

ピル服用中の出血は、正しくは消退出血といいます。

生理というと排卵があったにもかかわらず受精しなかったときに、分厚くなった子宮内膜が使われることなく剥がれ落ちていく現象です。

しかし、ピルを飲んでいるうちはホルモンの作用で脳が妊娠中だと勘違いするために、排卵は起こりません

ピルを飲んでから生理がこない!考えられる2つの原因と4つの対処法

この時点で、生理と消退出血の仕組みが違うことがわかりますよね?

ピル服用中は排卵がないので、子宮内膜が最低限しか厚くなりません。

そのため生理よりも消退出血の方が出血量は少ない傾向にあるのです。

 

2.ピルを飲んで生理がこない2つの原因とは?

ピルを飲んでから生理がこない!考えられる2つの原因と4つの対処法

多くの場合は医師から「休薬期間中に生理がきます」と説明を受けますよね?

しかしピルを飲んでも生理がこないと、何か問題があるのではないかと不安になってしまいます。

ピルを飲んでいて生理がこない原因は主に2つあるので、順番にご紹介します。

①生理がこない子宮の環境だった

ピルを飲んでから生理がこない!考えられる2つの原因と4つの対処法

ピルを飲むと排卵がストップするので、子宮内膜を厚くする必要がなくなります

そのため出血がおりものと混じって気がつかないほど少なかったり、排卵が長い期間ストップすることで生理がこなくなるのは珍しいことではないのです。

この場合は、そのまま休薬期間が終わったら新しいシートを服用していって構いません。

ピルを飲んで生理がこないときには、おりものの状態や腹痛などがないかをチェックしてみると良いですね。

気になることがあればすぐにピルを処方してくれた医師に相談しましょう。

②2種類のすり抜け排卵が起こってしまった

ピルを飲んでから生理がこない!考えられる2つの原因と4つの対処法

ピルは正しく服用ができていれば、99.9%の高い避妊効果があります。

しかし、飲み忘れなどで正しく服用できなかった場合には、ピルに含まれるホルモンの血中濃度が低くなったときにすり抜け排卵が起こってしまうことがあります。

排卵が起こるということは、妊娠のリスクも高くなってしまうのです。

すり抜け排卵が起きてしまう原因としては、主に2種類ありますので見ていきましょう。

・生理開始日にピル服用をスタートできなかった

ピルを飲んでから生理がこない!考えられる2つの原因と4つの対処法

ピルは生理開始日に飲み始めると、その日から避妊効果を得ることができるのですが…。

生理開始日というのは結構人によってあやふやな場合が多く、しっかり生理開始日にピル服用をスタートできないケースもあります

その場合は飲み始めの2週間はすり抜け排卵が起こりやすいので、別の避妊法を併用していなかった場合妊娠の可能性が否定できません。

このときに妊娠していると、休薬期間になっても生理がこない状態になってしまうのですね。

・24時間以上の飲み忘れがあった

ピルを飲んでから生理がこない!考えられる2つの原因と4つの対処法

ピルは毎日同じ時間帯に服用することで、ホルモンの血中濃度を安定させて避妊効果を持続させます。

しかし24時間以上の飲み忘れがあった場合には、ホルモンの血中濃度のバランスが崩れてすり抜け排卵が起こる危険性が高まります。

ピルの飲み忘れは12時間以内なら特に問題はないのですが、それ以上の時間服用間隔が空いてしまった自覚があったら…。

もしかしたら妊娠していて生理がこない可能性があるかもしれないのです。

 

3.ピルを飲んで生理がこないときの4つの対処法

ピルを飲んでから生理がこない!考えられる2つの原因と4つの対処法

ピルを飲んでいて生理がこないときには、まず落ち着いてピルの飲み忘れ等がなかったかどうかを振り返りましょう。

もし思い当たる節があってもなくても、以下でご紹介する4つの対処法を実践してみてください。

①1週間様子を見る

ピルを飲んでから生理がこない!考えられる2つの原因と4つの対処法

マーベロンなど一般的な避妊のためのピルの休薬期間は7日間なので、まずはこの休薬期間中だけでも様子を見てみるのも良いでしょう。

休薬期間中に茶オリがないかどうか体調の変化を観察しつつ、それでも生理がこない場合は病院に行ってみましょう。

少しでも出血があるのであれば、子宮内膜が薄くて招待出血の量が極端に少なかったことが考えられます。

妊娠検査薬を使用するにも、生理予定日から1週間経たないと使用ができないので待つことも重要なのです。

②医師に相談をする

ピルを飲んでから生理がこない!考えられる2つの原因と4つの対処法

ピルを飲んでいて生理がこない場合には、次のシートを再開する前にピルを処方してくれた医師に相談しましょう

妊娠の可能性がないか、子宮内膜の厚さがどのくらいあるのかなど診察をしてくれます。

医師が問題ないと言った場合には、これまで通り次のシートもピルを飲み続けましょう

次の周期も生理がこない場合には、また念のため診察を受けておくと安心です。

③妊娠検査薬を使ってみる

ピルを飲んでから生理がこない!考えられる2つの原因と4つの対処法

ピルを飲んでいても、飲み忘れなどが原因ですり抜け排卵が起こって妊娠をしてしまう可能性もゼロではありません。

そのため、飲み忘れの自覚があったら念のため妊娠検査薬でチェックしておきましょう。

ただし妊娠検査薬は生理予定日の1週間後でないと正確な結果が出ないので、少し様子を見てから試してみるようにしてください。

もし妊娠検査薬で陽性が出た場合でも、以前に飲んでいたピルは赤ちゃんへの影響はほぼないと言えます

慌てずに医師に相談して、今後のことを話し合いましょう。

④あまり思い詰めない

ピルを飲んでから生理がこない!考えられる2つの原因と4つの対処法

生理がこないと思い悩んでいると、それがストレスとなって余計に生理がこなくなってしまう場合があります。

ピルを飲んでいて出血が起こらないことは珍しいことではありませんので、あまりにも心配な時はすぐに病院に行くなど対策を考えてストレスを溜めすぎないようにしてくださいね。

 

4.ピルの種類によっては生理がこないこともある

ピルを飲んでから生理がこない!考えられる2つの原因と4つの対処法

一般的な避妊用ピルの場合、休薬期間は7日間でその間に生理がきます。

しかし、月経困難症などで保険適用となっているヤーズ配合錠やルナベル配合錠は、含有しているホルモン量が一般的な低容量ピルと比べてとても少ないため休薬期間が4日間と短いのが特徴です。

ホルモン量が少ないということは、それだけ子宮を休ませているということなので休薬期間でも生理がこないことは割とよくあることです。

そのためピルの中でもヤーズ配合錠やルナベル配合錠を服用している人は、そこまで休薬期間中の出血に対して神経質にならなくても大丈夫です。

 

5.まとめ

ピルを飲んでから生理がこないときに考えられる、2つの原因と4つの対処法をご紹介してきました。

まずピルは排卵を止める働きがあるので、生理に症状は似ていますが正確には消退出血といいます。

排卵が無いため子宮内膜が厚くなる必要がないので、出血量も抑えられているのですね。

そのため生理と気づかず茶オリのような症状のみで終わることも珍しくはありません。

ピル服用中に生理がこない原因は子宮内膜が出血を起こすほど厚くならなかった、そしてすり抜け排卵が起こって妊娠していることがあげられます。

まずは落ち着いて様子を見て妊娠検査薬を試したり病院に行く、そしてあまり悩みすぎないことがポイントです。

ホルモンの含有量が少ないピルの場合は、休薬期間中に生理がこない確率が高いのでそこまで気にしないようにしましょう。

生理がこなくて心配なときには、まず自己判断はせずに医師に相談してくださいね

引き続き、「生理・生理前の症状と対処法」を紹介していきます↓



他にこんな記事も読まれています

-ピル

Copyright© 【PMS】生理・生理前の症状と対処法30選まとめ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.