月経の病気・トラブル

排卵障害を引き起こす原因と治療法8選!無排卵でも妊娠はできるの?

投稿日:

排卵障害を引き起こす原因と治療法8選!無排卵でも妊娠はできるの?

数ある女性側の不妊原因の中でも、30%の割合を占めるのが排卵障害です。

文字通り排卵がしにくい、もしくは全く排卵しない状態で生理がこないなど自覚症状がある場合も見られます。

排卵障害とひとくちに言っても、実はその原因は様々で生活習慣や病気などが挙げられます。

また排卵障害と診断を受けて気になるのが、妊娠は可能なのかということですよね?

そこで今回は排卵障害を引き起こす原因を8つと、無排卵でも妊娠できるのかをご紹介します。

 

排卵障害とはどのような症状なの?

排卵障害を引き起こす原因と治療法8選!無排卵でも妊娠はできるの?

健康な状態であれば、月に一度排卵がおこなわれます。

体内にもともとあった原始卵胞のうちのひとつが脳下垂体から分泌される卵胞刺激ホルモンにより成熟し、卵胞の膜を破って卵巣から飛び出すのが排卵の仕組みです

しかし排卵障害の場合はこのプロセスのうちの一部がうまく働かず、排卵が正常におこなわれない状態なのです。

妊娠はこの排卵によって卵巣を飛び出した卵子と精子が出逢って成立するので、排卵がなければ自然に妊娠することはできません

排卵障害を引き起こす原因と治療法8選!無排卵でも妊娠はできるの?

無排卵は3周期以上放っておくと自力で排卵ができなくなるので、早めに異常を発見して適切な対処をしていく必要があります。

生理不順の自覚症状があったり生理の症状が重い場合は、一度医師に排卵しているか調べてもらうのをお勧めします。

 

排卵障害を引き起こす8つの原因と治療法

排卵障害を引き起こす原因と治療法8選!無排卵でも妊娠はできるの?

排卵障害を引き起こす原因はたくさんあり、中には病院で詳しく調べてもらわないとわからないものもあります。

また普段からの生活習慣で起こることもあるので、一概に病気だけが原因とは言えないのが特徴です。

そこで排卵障害の中でも比較的多い、8つの原因を見ていきましょう。

①多嚢胞性卵巣症候群で無排卵になる

排卵障害を引き起こす原因と治療法8選!無排卵でも妊娠はできるの?

多嚢胞性卵巣症候群は、代表的な排卵障害の疾患のひとつです。

卵胞が未熟なまま成熟せず、そのまま卵巣内に卵胞がたまって排卵が困難になる症状が出ます。

超音波検査で画像を見ると、卵巣内に卵胞が連なって見える「ネックレスサイン」があるのが特徴です。

根本的な治療法は確立されていないので、排卵誘発剤を使うなどの対処療法が主な治療法となります。

②高プロラクチン血症で排卵障害が起きる

排卵障害を引き起こす原因と治療法8選!無排卵でも妊娠はできるの?

授乳中のお母さんはプロラクチンというホルモンが分泌して、一時的に排卵を抑制して妊娠しないようになっています。

しかし授乳中でもないのにプロラクチンが血中に増えてしまうのが、高プロラクチン血症です。

プロラクチンの排卵を抑制する作用で、排卵障害が出てしまうのです。

高プロラクチン血症はストレスが主な原因ですが、他にも薬の副作用や脳下垂体にできた腫瘍によるものもあります。

ストレスが原因の場合は生活習慣を整えて、ストレスを少しでも減らせるように工夫しましょう。

③脳腫瘍によって脳下垂体の活動が低下する

排卵障害を引き起こす原因と治療法8選!無排卵でも妊娠はできるの?

脳腫瘍と聞くと、すごく大きな病気だとビックリしてしまいますよね?

しかし脳下垂体にできる脳腫瘍は良性で、16%と比較的多くの人に発生する排卵障害の原因のひとつなのです。

脳下垂体はホルモンの分泌を司っていて、腫瘍によって働きが悪くなると卵胞を成熟させる卵胞刺激ホルモンが分泌しなくなり排卵障害が起こるのです。

脳下垂体の腫瘍は外科手術で取り除く場合が多いです。

④卵巣内にチョコレート嚢胞ができる

排卵障害を引き起こす原因と治療法8選!無排卵でも妊娠はできるの?

チョコレート嚢胞は子宮内膜症の症状のひとつで、卵巣に異常発生した子宮内膜や古い血液が溜まっていって袋状になる病気です。

不妊とも関連が高く、卵巣が腫れるために排卵障害が起きやすくなります。

また仮に排卵ができても子宮内膜症で炎症が強くなると卵管がくっつく癒着が起きて、精子と卵子が出会えなくなってしまいます。

チョコレート嚢胞を引き起こす子宮内膜症はエストロゲン分泌が多いと症状が悪化しやすいので、低用量ピルでホルモンを安定させる対処療法が主な治療法です。

⑤精神的なストレスで卵巣機能が低下する

排卵障害を引き起こす原因と治療法8選!無排卵でも妊娠はできるの?

精神的ストレスを強く感じていると、自律神経のバランスが崩れてホルモンの制御ができなくなってしまいます。

自律神経が卵巣が働くための指令を出せなくなり、排卵をするために必要なホルモンを分泌できなくなってしまうのです

ストレスによる卵巣機能不全は、ストレスを感じる原因を取り除いたり薬でホルモンを補充する治療がおこなわれます。

排卵障害を引き起こす原因と治療法8選!無排卵でも妊娠はできるの?

また排卵誘発剤のクロミッドを服用すると、75〜80%の人に排卵が起こったデータが出ています。

卵巣機能が低下してから時間が経つと、それだけ治療もリスクの高いものになってしまいます。

生理が遅れていたり、基礎体温が二層に分かれないなどの自覚症状があったらすぐに病院に行くようにしましょう。

⑥通常より早く閉経の症状が現れる

排卵障害を引き起こす原因と治療法8選!無排卵でも妊娠はできるの?

通常、閉経が起こるのは50歳前後ですが、それよりも40歳前と早くに閉経の症状が出ることを早発閉経と言います。

これはもともと生まれた時から女性の体にある原始卵胞が少なかった、または病気の治療で放射線や抗がん剤を使用した場合も起きやすくなります。

排卵障害を引き起こす原因と治療法8選!無排卵でも妊娠はできるの?

染色体異常などの遺伝子異常も、早発閉経の2割を占めています。

早発閉経は卵巣機能が完全に停止をしているので、排卵障害の中でも重度の症状と言えるでしょう。

治療をしても再び排卵が起こる確率は決して高くはないものの、新たな治療法などが考えられているので患者にとって大きな希望になっています。

⑦痩せすぎで排卵障害が起こってしまう

排卵障害を引き起こす原因と治療法8選!無排卵でも妊娠はできるの?

もともとあった体重から急激に減って痩せすぎると、体の栄養を生命活動に必要な臓器に優先的に回します。

このことで卵巣は栄養の供給が後回しになり、排卵が止まって生理も来なくなってしまうのです。

最初から痩せ型の体型で健康的な生活を送っていれば排卵障害が起こることはないので、安心してくださいね。

過度なダイエットによる食事制限は体に様々な悪影響を及ぼしますので、適正体重をキープすることの重要さを心に刻みましょう。

⑧太り過ぎで卵巣の働きが悪くなる

排卵障害を引き起こす原因と治療法8選!無排卵でも妊娠はできるの?

痩せ過ぎだけではなくて、太り過ぎというのも問題が多いのです。

肥満によって糖尿病を発症して糖代謝が低くなると、排卵障害を引き起こす多嚢胞性卵巣症候群になる可能性が高まります

また内臓脂肪によって臓器そのものの力も弱くなってしまうので、排卵を起こすだけの余力がなくなってしまうのです。

食事だけでなく、運動も合わせておこないながら毎日の生活習慣を見直していくところから始めましょう。

 

排卵障害がある場合は妊娠できるの?

排卵障害を引き起こす原因と治療法8選!無排卵でも妊娠はできるの?

排卵障害でも毎月生理のような出血のある無排卵月経の症状が出る場合があり、この場合は自分がまさか排卵していないとは思いませんよね?

この場合はなかなか妊娠しないことから病院を受診し、そこで初めて排卵障害が発覚することが多いのです。

排卵障害の中でも軽度の場合は排卵誘発剤を服用して排卵を起こす方法や、定期的に生理を起こさせるために一定期間低用量ピルを服用してから妊娠にチャレンジする方法で妊娠の可能性が高まります。

排卵障害を引き起こす原因と治療法8選!無排卵でも妊娠はできるの?

しかし早発閉経や重度の多嚢胞性卵巣症候群などの場合は、妊娠の確率はかなり低くなります

多嚢胞性卵巣症候群は強めの排卵誘発剤を注射するのですが、重い副作用が起こりやすいのでリスクが高い治療をしなければなりません。

早発閉経は卵巣が働いていないので、原始卵胞の残りを探すなど数%の確率にかけて治療をしていく必要があります。

妊娠の確率を少しでも高めるために、生理周期の中で違和感を覚えたらすぐに病院で検査をするようにしましょう。

 

まとめ

排卵障害を引き起こす原因と治療法を8種類と、無排卵でも妊娠はできるのかをご紹介してきました。

排卵障害は様々な原因で卵胞が成熟せず、生理も不順な場合が多いことがわかりました。

ストレスや体重の過度な増減など生活習慣の問題から、多嚢胞性卵巣症候群や早発閉経、高プロラクチン血症などの病気が原因となっているので、まずは自分がなぜ排卵障害に陥っているのかを調べることが重要です。

排卵障害は基本的に対処療法がメインで、排卵誘発剤やホルモン補充などをして排卵できるように補助をしていきます。

妊娠するための治療も排卵障害が重度であればあるほどリスクの高いものになり、また妊娠の確率も低下します

基本的には婦人科の定期検診を欠かさないようにして、異常を感じたらまずは自己判断をしないで医師に相談してみましょう。

引き続き、「生理・生理前の症状と対処法」を紹介していきます↓



他にこんな記事も読まれています

-月経の病気・トラブル

Copyright© 【PMS】生理・生理前の症状と対処法30選まとめ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.