排卵・排卵日

排卵日の腹痛の原因や症状、対処法5選!腹痛を和らげるアロマや薬とは?

投稿日:

排卵日の腹痛の原因や症状、対処法5選!腹痛を和らげるアロマや薬とは?

排卵日に起こる腹痛は、時に日常生活に支障をきたす場合もあるので生理周期の中でも不快な症状です。

排卵日の付近にチクチクした腹痛が2〜3日続くので、生理でもないのにお腹が痛くて気が滅入る人も多いのではないでしょうか?

そこで今回は排卵日に起こる様々な腹痛の原因や症状、対処法を5つご紹介します。

また同時に、排卵日の腹痛を和らげるアロマのブレンドや薬についても詳しく説明していきます。

 

排卵日に起こる腹痛の症状5種類の原因と対処法

排卵日の腹痛の原因や症状、対処法5選!腹痛を和らげるアロマや薬とは?

排卵日に起こる腹痛とひとくちに言っても、実は様々な種類があって原因も異なるのです。

排卵痛が起きた時にどうして痛みが起こっているのかを知っておくと、対処もしやすいのではないでしょうか?

そこで、排卵日に起こる腹痛の症状5種類の原因と対処法を順番に見ていきましょう。

①卵巣が腫れて腹痛が起こる

排卵日の腹痛の原因や症状、対処法5選!腹痛を和らげるアロマや薬とは?

排卵前には、卵胞が成熟して大きくなるため卵巣が腫れた状態になります。

卵巣が腫れることで下腹部を圧迫しやすくなり、鈍痛やチクチクした腹痛が起こりやすくなるのです。

卵巣が腫れる腹痛は排卵日の2日前くらいに起こりやすく、妊娠のためにタイミングを取る目安にもなります。

排卵日の腹痛の原因や症状、対処法5選!腹痛を和らげるアロマや薬とは?

卵巣の腫れはある程度仕方のないことですが、普段から入浴などで冷やさないようにすると血行が良くなって腹痛が起こりにくくなります。

②排卵が起こった時に腹痛が起こる

排卵日の腹痛の原因や症状、対処法5選!腹痛を和らげるアロマや薬とは?

排卵が起こった時には、卵胞の殻が破れた刺激でズキっとした腹痛が起こります

排卵をする瞬間は一時だけなので、ずっとズキズキすることは少ないです。

排卵とともに出血をする排卵出血が起こる場合もありますが腹痛がひどい、あるいは出血量が多くない限りは特に心配要りません。

排卵日の腹痛の原因や症状、対処法5選!腹痛を和らげるアロマや薬とは?

出血も2日程度でおさまるので、様子を見ても大丈夫でしょう。

排卵日も引き続き、お腹を冷やさないように温かい下着を身につけたり、カイロなどの温感グッズを使用すると良いでしょう。

③卵巣からの出血で腹痛が起こる

排卵日の腹痛の原因や症状、対処法5選!腹痛を和らげるアロマや薬とは?

排卵後には卵胞の殻が破れたことで卵巣から出血するため、卵巣周辺の腹膜を刺激して腹痛を引き起こす場合があります。

卵巣から出血した時には卵巣が痛んでいるのではなく、周りの腹膜から痛みを感じているのです。

卵巣の出血があっても、2〜3日で自然とおさまってきますので腹痛も徐々に良くなってきます。

痛みが一向に良くならない場合や症状が重い時には、病院で検査を受けましょう

④下痢によって腹痛が起こる

排卵日の腹痛の原因や症状、対処法5選!腹痛を和らげるアロマや薬とは?

排卵日はホルモンバランスが崩れやすく、その反動で自律神経の働きが乱れて胃腸の調子が悪くなります

このことで下痢気味になって、腹痛が起こるのです。

自律神経を整えるには、規則正しい生活と食生活といった基本的なことが重要です。

排卵日に限らず、普段から基本的な生活習慣の意識が大切です。

⑤吐き気や胃痛などの腹痛を感じる

排卵日の腹痛の原因や症状、対処法5選!腹痛を和らげるアロマや薬とは?

吐き気や胃痛などの消化器系の症状も、自律神経が乱れて起こります。

胃が荒れていて腹痛が起きるわけではないので、胃の粘膜を修復する薬を飲んでもあまり意味がありません

胃腸の働きが悪くなっているので、胃の活動を促進するような薬で症状を緩和すると良いでしょう。

あとは、お腹を冷やさないように温めましょう。

 

排卵日の腹痛は月ごとに痛む場所が違うこともある

排卵日の腹痛の原因や症状、対処法5選!腹痛を和らげるアロマや薬とは?

毎月きちんと排卵がある人は、排卵日の腹痛が左右どちらかでのみ起こっている場合が多いのではないでしょうか?

下腹部全体が重だるく痛むこともありますが、人によっては左右交互に痛くなることもあるのです。

これは左右にある卵巣から、交互に排卵しているのが原因です。

排卵日の腹痛の原因や症状、対処法5選!腹痛を和らげるアロマや薬とは?

そのため隔月で左右どちらかしか痛くならない人もいるので、この場合は自分がどちらの卵巣から排卵したのか把握できますね。

逆に毎回右側からの排卵のみ、腹痛がひどい場合は病院で卵巣に問題がないか検査する目安にもなります。

排卵日に片側のお腹だけ痛いというのは良くあることなので、日常生活が送れるようなレベルの痛みであれば問題ない場合がほとんどです。

片側だけ痛みがあっても、お腹全体を冷やさないように温めてくださいね

 

排卵日の腹痛を和らげるアロマブレンド3つ

排卵日の腹痛の原因や症状、対処法5選!腹痛を和らげるアロマや薬とは?

排卵日に腹痛が起こると気持ちも沈んでしまいがちなので、心をリフレッシュしたいですよね?

そんな時にオススメなのが、アロマを使った痛みの緩和法です。

アロマは様々な種類とそれぞれの効能があって、中には排卵日に関連した腹痛を和らげるものもあるのです。

では排卵日に起こる不快な腹痛を和らげるアロマブレンドに入っている、3種類のアロマオイルをご紹介します。

①クラリセージ

排卵日の腹痛の原因や症状、対処法5選!腹痛を和らげるアロマや薬とは?

クラリセージにはエストロゲンと同じような作用があるので、排卵の時にプロゲステロンの分泌量が多くなり過ぎるのを防ぎます。

そのため排卵日のホルモンバランスが整い、不快な腹痛が起こりにくくなるのです。

またお腹の痙攣を鎮める効能もあるので、腹痛も和らげてくれます。

②ラベンダー

排卵日の腹痛の原因や症状、対処法5選!腹痛を和らげるアロマや薬とは?

排卵日には腹痛などもあってイライラしてしまいがちですよね?

そんなとがった神経を鎮めてくれるリラックスアロマといえば、ラベンダーです。

ラベンダーには痛みを抑える効能があるので、排卵日に起こる腹痛を緩和する働きがあります。

腹痛だけでなく排卵日によくある腰痛などにも効果が期待できますので、幅広い痛みを緩和していきます。

③イランイラン

排卵日の腹痛の原因や症状、対処法5選!腹痛を和らげるアロマや薬とは?

イランイランに含まれる成分がエストロゲンに似た働きをすることで知られており、排卵日に起こりやすいホルモンバランスの乱れを抑えてくれます。

またストレスや不安感、緊張感を和らげる効能もあるので、排卵日に陥りやすい神経の苛立ちに効果的です。

 

排卵日の腹痛を和らげる3種類の薬

排卵日の腹痛の原因や症状、対処法5選!腹痛を和らげるアロマや薬とは?

排卵日に腹痛が起こると、快適に日常生活が送れなくなってしまう場合がありますよね?

そんなときは生理痛の時と同じように、薬をうまく使って対処する方法が効果的です。

排卵日に腹痛がある場合は、主に3種類の薬を使い分ければ症状が和らいでいきます。

そこで、排卵日の腹痛を和らげる3種類の薬をご紹介します。

①痛み止め

排卵日の腹痛の原因や症状、対処法5選!腹痛を和らげるアロマや薬とは?

排卵日の腹痛を和らげる対処療法で一番即効性が期待できるのは、痛み止めを飲むことです。

排卵日の腹痛にオススメなのは、安全性が高いアセトアミノフェンやイブプロフェンが有効成分の薬です

特に排卵日で消化器症状もある場合は、胃に負担がかかりにくいアセトアミノフェンが適しています。

ただイブプロフェンは痛みのもとが伝わるのをブロックしてくれるので、より効果的です。

市販の薬では

  • タイレノール(アセトアミノフェン)
  • バファリンルナi(アセトアミノフェンとイブプロフェン)
  • イブA錠(イブプロフェン)
  • ノーシンピュア(イブプロフェン)

などが挙げられます。

痛み止めは空腹時に飲むと胃を荒らしてしまうので、食後に飲むようにしましょう。

②整腸薬、胃腸薬

排卵日の腹痛の原因や症状、対処法5選!腹痛を和らげるアロマや薬とは?

排卵日にホルモンバランスが崩れて胃腸の調子が悪い時には、下痢止めや胃腸薬が効果的です。

胃腸症状は自律神経のバランスが崩れて起こるので、胃腸薬は胃の働きを助ける効能があるものがオススメです。

カテゴリーでは健胃消化薬で

  • 太田胃散
  • 大正漢方胃腸薬

などの生薬が有効成分の薬を選びましょう。

下痢止めはよほどひどい症状出ない限り飲む必要はありませんが、腸の働きを正常化する整腸薬は排卵日を中心に服用しておくと安心です。

市販のオススメ整腸薬は

  • ビオフェルミンS
  • ヤクルトBL整腸薬
  • ザ・ガードコーワ

などが挙げられます。

③漢方薬

排卵日の腹痛の原因や症状、対処法5選!腹痛を和らげるアロマや薬とは?

漢方薬は他の薬と違って即効性はありませんが、対処療法というよりも体質改善のために服用します。

長く飲み続けて体の内側から排卵日に腹痛の起きにくい体質にしていくので、長い目で見て排卵痛を根本的に改善した人にオススメです

排卵日の腹痛が起こりにくくなる漢方薬は

  • 当帰芍薬散
  • 加味逍遙散
  • 桂枝茯苓丸
  • 温経湯

がオススメです。

これらの漢方薬は体の血行を改善して温め、ホルモンバランスを整える作用があります。

漢方薬は吸収率を上げるため、空腹時に服用します。

個々の体質によって適した漢方薬が異なりますので、薬剤師や医師に相談しながら決めていきましょう。

 

まとめ

排卵日に起こる様々な腹痛の原因や症状、対処法を5種類と、アロマや薬などの改善法をご紹介してきました。

排卵日に起こる腹痛の原因は卵巣が腫れたり排卵による刺激、また卵巣からの出血や胃腸症状が挙げられます。

排卵痛の対処法は、体を冷やさないように血行を促進することです。

そして排卵日に起こる腹痛は、左右の卵巣で交互におこなわれることが多いこともわかりました。

排卵日に腹痛で気分も下がっている時には、アロマを活用するのも効果的です。

排卵痛の対処療法は痛み止めを使うのが一般的ですが、胃腸症状がある時には胃腸薬や整腸薬も使えます。

また根本的に排卵日の腹痛を改善したい時には、ホルモンバランスを整える漢方薬を活用するのも良いでしょう。

排卵日の腹痛がひどい時には病院に行き、痛みが気になる時には症状に合わせた対処法で乗り切りましょう。

引き続き、「生理・生理前の症状と対処法」を紹介していきます↓



他にこんな記事も読まれています

-排卵・排卵日

Copyright© 【PMS】生理・生理前の症状と対処法30選まとめ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.