生理

排卵は生理から何日後に起こる?卵子の寿命や4つの周期ごとのポイント

更新日:

排卵は生理から何日後に起こる?卵子の寿命や4つの周期ごとのポイント

排卵と生理は非常に密接な関係があって生理周期において毎回欠かせないことです。

排卵が起こるからこそ生理があって、妊娠できる健康的な体になれます。

多くの女性が、一体いつ排卵しているのだろうと気になっていますよね?

そこで今回は、排卵は生理から何日後に起こるのか、また卵子の寿命や4つの周期ごとのポイントをご紹介します。

 

排卵は生理から何日後に起こる?

排卵は生理から何日後に起こる?卵子の寿命や4つの周期ごとのポイント

排卵がいつ頃起こっているのか、次の生理を予測するためにも妊娠を考えている場合も気になる点ですよね?

生理が終わって卵胞が発達してくるまでにはおよそ10日間を要し、健康的な生理周期では生理初日から14日程度で排卵に至ります

生理期間を4〜5日とすると、そこからちょうど10日経ったくらいで排卵がおこなわれるのです。

排卵が起こるには、生理が終わった後に再び子宮内膜が厚くなって受精卵が着床できる状態になる必要があります

また卵子が飛び出すために、卵子のもとになる卵胞も十分発達していなければならないのです。

卵胞が発達していて、さらに子宮内膜も厚さが十分ある状態で排卵することで、妊娠が不成立だった時に生理がきます。

 

排卵を起こすために欠かせない4つの生理周期

排卵は生理から何日後に起こる?卵子の寿命や4つの周期ごとのポイント

私たち女性は、健康的であれば28日の間に4つの時期に分けられた生理周期が存在します。

この中で生理が始まって、次に排卵に向けての準備や妊娠に向けての準備、そしてまた生理が起こる…と一定のサイクルを繰り返しているのですね。

そこで排卵を起こすためには欠かせない、4つの生理周期を見ていきましょう。

①生理期(3日~5日程度)

排卵は生理から何日後に起こる?卵子の寿命や4つの周期ごとのポイント

生理は受精卵が着床しやすくするために厚くなった子宮内膜が妊娠不成立で必要なくなったため、体の外に出す生理現象です。

排卵してから子宮内膜が柔らかくなり、さらに妊娠していないとだんだん子宮内膜の組織が剥がれて経血として排出されます。

生理中は子宮を収縮させて経血を排出するので、このときに必要なプロスタグランジンが多く分泌します。

妊娠していなけれプロスタグランジンが排卵後にだんだん量が増えていき、生理前の様々な痛みを引き起こすのです。

プロスタグランジン量を増やさないためにも、体を冷やさないようにして生活リズムも整えていきましょう

生理期間は個人差がありますが、3日〜5日程度の場合が多いです。

②卵胞期

排卵は生理から何日後に起こる?卵子の寿命や4つの周期ごとのポイント

生理が終わると、今度は排卵に向けて卵胞が育つ期間に突入します。

卵胞は生まれる前から原始卵胞が一定数存在しており、これは排卵がおこなわれるごとにどんどん数が減っていきます

妊娠できる年齢に限りがあるのも、この卵胞の数に限りがあるからなんですね。

生理後にはこの卵胞が発達していき、エストロゲンという女性ホルモンが分泌して子宮内膜が再び厚みを帯びてきます。

卵胞期は体の代謝もアップして、心身ともに体調が良い日が続くので様々なことに前向きになれる時期です。

卵胞期は、生理が終わってから排卵するまでの10日間くらいの場合が多いです。

③排卵期

排卵は生理から何日後に起こる?卵子の寿命や4つの周期ごとのポイント

卵胞期に十分卵胞が発達して成熟したら、卵子が卵胞の殻を破って飛び出します。

排卵されたら卵子は卵管を通っていますが、この途中で精子と出会って受精卵となり、子宮内に移動していきます。

排卵は生理周期のちょうど中間地点であり、この時期に妊娠が可能なので重要です。

妊娠したい時には排卵の時期に合わせてタイミングを取り、排卵日から次の生理予定日を予測することもできます。

排卵する時には卵胞が破れる関係で、人によってはチクっとした痛みを感じることがあります。

排卵は生理から何日後に起こる?卵子の寿命や4つの周期ごとのポイント

おりものシートで足りるくらいの出血や茶おりが出ることもありますよね?

これは排卵によって刺激が起こり、デリケートな女性器から出血してしまう排卵出血なのです。

女性の5%ほどに見られる症状なのですが、出血が3日以内におさまっていたら特に問題はありません

④黄体期

排卵は生理から何日後に起こる?卵子の寿命や4つの周期ごとのポイント

排卵が終わって黄体期に入ると、今度はエストロゲンではなくプロゲステロンが多く分泌されるようになります。

プロゲステロンは子宮内膜を柔らかくして受精卵が着床しやすくしてくれて、さらに体温を上げて妊娠を維持してくれるのです。

こうやってみると、受精卵や子宮の環境にとってプロゲステロンは良い働きをするのですが…。

実は体温が上がる事で、微熱のような体のだるさを感じる場合があります

排卵は生理から何日後に起こる?卵子の寿命や4つの周期ごとのポイント

プロゲステロンは他にも皮脂量を活発にするので、ニキビができやすくなります。

精神的にもイライラしやすく、体調も悪いのでこの黄体期は気持ちが沈んでしまうという人も多いのではないでしょうか?

黄体期に起こる心身の不調は、月経前症候群(PMS)といい、約8割の女性が悩んでいます。

生理が始まるまでは、なるべく体を冷やさないようにお風呂に浸かるなどリラックスするのがオススメです。

 

排卵してから生理まで卵子の寿命はどのくらい?

排卵は生理から何日後に起こる?卵子の寿命や4つの周期ごとのポイント

妊娠希望でタイミングを取りたい人にとっては、排卵してからの卵子の寿命が気になりますよね?

一般的に精子は平均3日ほど、長生きのものだと7日の寿命を持つ精子もいるくらいです。

しかし卵子の場合は、たった24時間しか生きられないのです。

24時間の寿命と聞くと、その間に受精できれば大丈夫なように思いますよね?

排卵は生理から何日後に起こる?卵子の寿命や4つの周期ごとのポイント

しかし実は、卵子の受精能力はそのうちの6〜8時間しかないと最近の研究で明らかになりました。

排卵て速やかに精子と出会えないと、妊娠は不成立になってしまうのですね。

 

排卵期を終えて生理がくるのはいつ頃から?

排卵は生理から何日後に起こる?卵子の寿命や4つの周期ごとのポイント

排卵して受精ができなかった時には、受精卵を着床させるためにホルモンの働きで厚くなった子宮内膜が必要なくなってしまいます。

排卵してから14日間ほどは、受精の有無に関わらずホルモンによって体が妊娠に適した状態になっています。

そして妊娠が成立しなかった場合は、排卵の後14日程度で生理がくるのです

生理がくる場合には、排卵後10日くらい経ったら子宮を収縮させるプロスタグランジンという物質を分泌し始めます

そして剥がれ始めた子宮内膜を血液とともに、経血として体の外に排出するのです。

基礎体温をつけているならだいたいの排卵日が特定できるので、そこから2週間したら生理がくる可能性が高くなります。

 

排卵する日や生理を把握するための「基礎体温の測り方」4ステップ

排卵は生理から何日後に起こる?卵子の寿命や4つの周期ごとのポイント

基礎体温は自分の生理周期を把握するためにはとても大事な参考資料になるのですが…実際に基礎体温を測っている人は少ないです。

よほど妊娠を意識していない限り、あまり関係のないことだと思っていませんか?

基礎体温は排卵日の特定やホルモンバランスの「見える化」ができ、生理までも予測できてしまう効率的なものです。

そこで排卵する日や生理を把握する、基礎体温の測り方を4つのステップに分けて説明していきます。

①婦人体温計を使用する

排卵は生理から何日後に起こる?卵子の寿命や4つの周期ごとのポイント

基礎体温を測るには、婦人体温計という小数点第2位まで細かく測れる体温計を使います。

婦人体温計は安いものだと1,000円くらいから購入できるので、気軽に計測を始められますね。

しかし、中には毎日計測した後に記録をつけるのが面倒…という人もいますよね?

そんな時は計測結果を記録してくれる婦人体温計もありますので、ちょっと高いですが選ぶと良いですよ。

②枕元に体温計を置いて眠る

排卵は生理から何日後に起こる?卵子の寿命や4つの周期ごとのポイント

基礎体温を正確に測るには、寝た姿勢のまま動かずにいる必要があります

ちょっとでも体を起こしてしまうと、デリケートな基礎体温が変わってきてしまうのです。

そのため朝起きたらすぐに体温を測れるように、枕元に体温計を置いておくと「あれ?どこにいったっけ?」といったトラブルが起こりにくくなります。

枕の下に忍ばせる、すぐに手が伸ばせるベッド横の棚の上に置いておくなど、工夫していきましょう。

③朝に舌の下に体温計を当てて測る

排卵は生理から何日後に起こる?卵子の寿命や4つの周期ごとのポイント

朝起きたら体を横にしたままなるべく動かず、体温計を舌の下に当てて測ります。

体温計によっては計測時間が5分間と長いものもあるので、眠気が襲ってきて体温計がずれないようにしっかり当てましょう。

もちろんお値段はそれなりにしますが、すぐに計測できる体温計もあるので朝に時間がないという人は探してみてくださいね。

目を閉じて測るといつも途中でウトウトしてしまう人は、片手でしっかり体温計を支えながら計ると良いですよ。

④グラフに体温や心身の状態を書き込む

排卵は生理から何日後に起こる?卵子の寿命や4つの周期ごとのポイント

基礎体温は非常にデリケートなので、日常のちょっとした変化で体温が変わってきてしまうものです

日によっては、なかなか寝付けなかったり具合が悪くて薬を飲んだりする事はありますよね?

そんな時に基礎体温のグラフだけではなく、備考欄に様々な心身の状態を書き込むのがポイントです。

  • 残業が遅くまであった
  • 疲れて2時間早く寝た
  • 頭痛がして薬を飲んだ
  • いつもより早く起きてしまった

などなど、日常の細かなことで構いませんので気がついたら書き込んでいきましょう。

 

まとめ

排卵は生理から何日後に起こるのか、そして卵子の寿命や周期ごとのポイントを4つに分けて説明してきました。

排卵は生理が終わってから10日程度で起こり、排卵日を境にホルモンバランスも変化します。

この生理周期は生理期、卵胞期、排卵期、黄体期の4つに分けられていずれも健康であれば規則正しくサイクルがやってくるのです。

精子は3〜5日ほど生き延びますが卵子の寿命は24時間と短いのが特徴で、その中でも6〜8時間しか受精ができません。

自分の排卵した日や生理の予定日などを把握するためには、基礎体温をつけるのが大切です。

排卵の時期が分かれば妊娠しやすい日や生理がきそうな日など、大まかな予想ができますからね。

基礎体温を継続して測るのは根気が要りますが、生活の一部として自分の体調に心を傾けるようにしてください。

引き続き、「生理・生理前の症状と対処法」を紹介していきます↓



他にこんな記事も読まれています

-生理

Copyright© 【PMS】生理・生理前の症状と対処法30選まとめ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.