生理痛の症状

生理痛で胃痛が起こる原因3つと改善法4つ!薬の種類やツボを解説!

投稿日:

生理痛で胃痛が起こる原因3つと改善法4つ!薬の種類やツボを解説!

生理痛による胃痛が思わずうずくまってしまうくらい辛い!という方もいるようです。

生理痛といえば下腹部痛であることが多いので、生理と胃痛に何の関係あるの?と疑問が浮かんできますよね。

実は生理痛の原因でもある痛みを起こす物質が、胃痛にまで影響を及ぼしていたのです。

そこで今回は、生理痛で胃痛も起こってしまう時の原因と解決法をご紹介します。

 

生理痛で胃痛がする3つの原因とは?

生理痛で胃痛が起こる原因3つと改善法4つ!薬の種類やツボを解説!

生理痛で胃痛がするのは、主に生理痛の時に分泌される「プロスタグランジン」とい痛みを引き起こす物質が増えることが原因です。

それでは、生理痛で胃痛が起こる原因をまずは3つ見ていきましょう。

①ホルモンバランスの乱れから起こる胃痛

生理痛で胃痛が起こる原因3つと改善法4つ!薬の種類やツボを解説!

生理が始まると、高温期から低温期へ入れ替わることでホルモンバランスが変化します。

高温期に分泌量が増えるプロゲステロンは、子宮の働きを抑えて受精卵を着床しやすくする役割があります。

しかし、それと同時に子宮の近くにある臓器の胃腸の働きも抑えてしまうのです。

胃腸の働きが抑えられていたところで生理が始まると、プロゲステロンの分泌量が減ってしまうため、今度は胃腸の働きが再開して胃がびっくりしてしまうのです。

よく生理が始まった時期に胃痛がひどくなるのは、このためなのです。

また、ホルモンバランスが崩れると、ホルモンがつかさどっている自律神経のバランスも同時に崩れてしまいます。

自律神経の交感神経は緊張状態のときに優位に立つので、胃の活動を抑えて食欲をなくします。

そして副交感神経は胃酸の分泌量が増えるため、胃の粘膜を荒らしやすくなるのです。

②冷えによる血行不良が原因の場合

生理痛で胃痛が起こる原因3つと改善法4つ!薬の種類やツボを解説!

生理が始まると高温期から低温期に変わるため、体温が低くなります。

高温期で微熱程度にあったものが平熱程度に下がるので、熱はないのに寒気を感じるという人も多いのです。

この体温変化に伴って冷えが起こってしまい、これが生理痛で胃痛が起こる原因となることもあるのです。

冷えの影響として、血流が悪くなってしまうことで、子宮の働きも悪くなることがあります。

本来子宮は十分な血液が運ばれて十分活動できる臓器ですが、血行不良でうまく血液が子宮に運ばれないと活動量が低下してしまいます。

その結果、経血を排出する力が弱くなり、収縮が余計に強くなることで胃痛が起こってしまうのです。

例えば…石油をポンプで組み上げる時に、なかなか石油が出てこないと強くポンピングをしますよね。

それと同じ原理で、子宮の働きが弱くなってしまうほど収縮が強くなり、胃にも影響が出るのです。

③鎮痛剤の副作用による胃痛

生理痛で胃痛が起こる原因3つと改善法4つ!薬の種類やツボを解説!

生理痛の緩和を期待して、鎮痛剤を服用するという人も多いのではないでしょうか。

実は、生理痛緩和のために使用した鎮痛剤が胃痛を引き起こしていることもあるのです。

鎮痛剤は痛みの原因であるプロスタグランジンを抑える働きがあるのですが、反対に胃を荒らしてしまうこともあるので注意が必要なのです。

鎮痛剤に副作用で一番多いのが、胃痛などの胃の不快感です。

鎮痛剤の副作用が起こりやすい条件としてあげられるのは

  • 空腹時に薬を飲んでしまった
  • 用量通りに飲まなかった
  • 他の薬と併用してしまった

このような場合が多いです。

鎮痛剤は空腹時に飲むと胃の粘膜を荒らしてしまい、生理痛が治るどころか胃痛を悪化させてしまうことがあります。

生理痛で胃痛が起こる原因3つと改善法4つ!薬の種類やツボを解説!

また、1日3回飲むタイプの鎮痛剤は最低でも4時間の間隔をあけて服用しなければなりません。

しかし生理痛が治らないからといって、間隔をあけずに服用するのはやめましょう

薬はきちんと用量用法を守って使用してください。

 

生理痛による胃痛を改善する方法4つ

生理痛で胃痛が起こる原因3つと改善法4つ!薬の種類やツボを解説!

生理痛で胃痛がするときには、一分一秒でも早く治したいものです。

そこで先ほど説明した原因から考えた、胃痛を改善する効果的な解決法を4つご紹介します。

痛みが治まってくるだけでなく、予防法としても活用できるのでぜひ実践してみてくださいね。

①胃痛や生理痛改善のツボを温める

生理痛で胃痛が起こる原因3つと改善法4つ!薬の種類やツボを解説!

生理痛に効くツボと胃痛に効くお腹や腰のツボを温めることで症状を和らげることができます。

温めることで胃痛を和らげるツボは、お腹と腰にあります。

 

【気海】
まずはお腹にある気海で、おへそから指2本分下の場所にあります。

生理痛で胃痛が起こる原因3つと改善法4つ!薬の種類やツボを解説!

 

【腎兪】
そして腰のツボは、腎兪(じんゆ)という場所です。

生理痛で胃痛が起こる原因3つと改善法4つ!薬の種類やツボを解説!

上記の2箇所を温めることで、生理痛による胃痛の症状を和らげていきましょう。お腹と腰にカイロを貼るとじんわりと温かくて痛みが治まっていく感じがするでしょう。

②胃にやさしい鎮痛剤を選ぶ

生理痛で胃痛が起こる原因3つと改善法4つ!薬の種類やツボを解説!

鎮痛剤とひと口に言っても様々なタイプがあり、中には胃に負担がかかってしまうものもあります。

生理痛によく効く薬はイブプロフェンが入ったものがありますが、副作用で胃を荒らしてしまうことがあるので注意が必要です。

鎮痛剤の中でも胃に優しく、生理痛にも良い効果があるのはアセトアミノフェンという鎮痛成分です。

鎮痛剤が合わずに胃痛が起こる場合もあるので、鎮痛剤の種類を変えみるのも良いでしょう。

アセトアミノフェンを含む鎮痛剤は、タイレノールなどが市販されています。

医師の処方による鎮痛剤は、胃を保護する薬を一緒にもらうと良いでしょう。

③低用量ピルを使用する

生理痛で胃痛が起こる原因3つと改善法4つ!薬の種類やツボを解説!

生理痛は子宮内膜を排出するために子宮を収縮させるために起こるものですが、この時に多く分泌されるのがプロスタグランジンです。

低用量ピルは避妊のために使われるといったイメージが強いですが、実は子宮内膜を薄くするためにプロスタグランジンを減少させるはたらきもあるのです。

15歳以上でないと服用できないという欠点はありますが、「生理痛による胃痛だけでなく、おなかの痛みも和らいだ。」という人も多いです。

低用量ピルには種類が多いので、自分に合ったものを飲むというのが副作用を最低限に抑えるポイントです。

ただ、最初の1ケ月目は人によって頭痛や吐き気などの副作用が出ることがあります。

それでも、低用量ピルを飲むことで「ひどかった胃痛の症状が治まった。」という例はたくさんあります。

ひとつデメリットとしては、金銭的に負担があるという点で毎月3,000円ほどの出費になります。

④食べ物に気を付ける

生理痛で胃痛が起こる原因3つと改善法4つ!薬の種類やツボを解説!

【生理痛の胃痛時に控えたほうがいい食品】

  • 不飽和脂肪酸を含む食品
    不飽和脂肪酸を含むバターや肉類などは、生理痛の元であるプロスタグランジンを増やしてしまう特性がある
  • 砂糖や食品添加物
    血液がドロドロになりやすく、経血の排出がスムーズにおこなわれなくなってしまう
  • カフェイン
    体を冷やしてしまう特性があるので、生理痛による胃痛を悪化させてしまう
  • 乳製品
    エストロゲンのバランスを崩し、生理痛を悪化させるので避けたほうがよい
  • アルコール
    肝臓で分解される際に体に大きな負担がかかり、生理痛が悪化して胃痛がひどくなったり、吐き気が起こったりすることがある

上記の食べ物や飲み物を避けて、生理痛による胃痛が起こらないような食生活を送っていきましょう。

まとめ

生理痛による胃痛が起こる原因や、その解決法をご紹介してきました。

ホルモンバランスの崩れや冷えというのは、なんとなく知っている人も多かったと思いますが、実は生理痛のための鎮痛剤によって胃痛が起きているということもわかりました。

冷えの解消や食事の工夫、鎮痛剤をきちんと選ぶことや低用量ピルを活用することも大切なポイントです。

しっかり解決法を実践して、生理痛による胃痛の症状を緩和していきましょう。

引き続き、「生理・生理前の症状と対処法」を紹介していきます↓



他にこんな記事も読まれています

-生理痛の症状

Copyright© 【PMS】生理・生理前の症状と対処法30選まとめ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.