生理予定日

生理予定日に妊娠の検査薬を使うメリット・デメリットまとめ

更新日:

生理予定日に妊娠の検査薬を使うメリット・デメリットまとめ

生理予定日になると、妊娠をしているか気になって確認したくなってしまいますよね?

しかしドラッグストアなどで市販されている検査薬の多くは、生理予定日の1週間後から調べることのできるタイプなので少し時期が早いのです。

そこで今回は生理予定日でも妊娠を確認するために検査薬を使うメリットとデメリットなどについて説明していきます。

 

生理予定日に妊娠を確認する検査薬は使えるの?

生理予定日に妊娠の検査薬を使うメリット・デメリットまとめ

妊娠を確認するためには、市販の検査薬が一番手頃で使いやすいですよね?

しかし市販の検査薬は生理予定日の1週間後から妊娠判定ができるタイプなので、生理予定日当日に検査するのでは少し時期が早いのです。

でも多くの人が生理予定日くらいの時期に、妊娠しているかを知りたくて検査薬を使っています。

一応生理予定日の時期は着床がすでに終わっているので、妊娠検査薬反応するhCGの分泌は始まっています。

そのため生理予定日に妊娠検査薬を使用した場合でも、薄く陽性反応が出るなど妊娠反応が出ることがあるのです。

この本来の検査時期よりも早くに検査薬を試すことを、妊活している人たちはフライング検査と呼びます。

特に口コミでも評価が高いのが「クリアブルー」という妊娠検査薬で、他の種類に比べて感度が良いからと愛用者が多いです。

スポンサーリンク

 

生理予定日に妊娠を確認したくて検査薬を使う4つのメリット

生理予定日に妊娠の検査薬を使うメリット・デメリットまとめ

妊娠検査薬の本来の使い方とは異なりますが、生理予定日に妊娠を確認することでメリットを得ることもできます。

どちらかというと生理予定日に市販の検査薬を使うフライング検査はデメリットの方が多く取り上げられるものですが、早めに妊娠を知ることで4つのメリットがあります。

多くが生理予定日近くの精神面に関わることなので、早速見ていきましょう。

①早くから妊娠を意識できる

生理予定日に妊娠の検査薬を使うメリット・デメリットまとめ

生理予定日という早い段階で妊娠がわかることで、妊娠していると自覚できるので意識を高めることができます。

生理予定日より後に妊娠がわかって「あの時ああしていたら…」「あの時あんなことをしなければ良かった」など、早く検査薬を使っていたら…という思いをすることがきっとありますよね?

生理予定日から意識をすることでしっかりと妊娠に対して向き合うことができるというのも、検査薬を早めに使うメリットなのです。

服装を暖かくしたり、食事に気をつけたり…いろとできることがあるので、フライング検査は意味のないことではないと個人的にも思っています。

②薬を飲むなどの心配事を防げる

生理予定日に妊娠の検査薬を使うメリット・デメリットまとめ

妊娠が判明して多くの人が後悔する事のひとつに、生理予定日付近での薬の服用があります。

もし薬の影響が赤ちゃんに出てしまったら…と思うと、心配でいてもたってもいられなくなってしまいますよね?

生理予定日にフライング検査をするメリットとしては、やはり薬を飲む前に妊娠の有無を確認できるという点が大きいのです。

私もフライング検査をしたのは、風邪のような症状があったので薬を飲もうとした時に「まさか…」と思って検査薬を試してみたのがキッカケでした。

結果、薄っすら陽性反応が出たので薬を飲まずに済んだのですが、その時は先に調べておいて良かったと感じました。

妊娠中に余計な心配事を増やさないためにも、薬を飲まなければならない状況になった時に検査をおこなうのは良い選択でしょう。

スポンサーリンク

③つわり対策をすることができる

生理予定日に妊娠の検査薬を使うメリット・デメリットまとめ

生理予定日のうちはまだつわり症状が出る人は少ないかもしれませんが、あと2、3週間もすれば8割の人に何らかの体調不良が現れます。

生理予定日に妊娠がわかったら、やはりつわりを軽減させるためになるべく対策をしていきたいですよね?

つわりは完全に原因がわかっていないので、対策も具体的なものは未だ探り探りといった感じです。

しかしビタミンB6の摂取がつわりに有効だという研究も進められており、効果の是非は差し置いてもサプリなどで試してみることはできますよね?

生理予定日に妊娠がわかれば、つわり軽減の作用があると評価の高い生姜を食べたり、仕事のスケジュールに余裕をもたせたりする事もできます。

早期に検査薬を使う事で、少しでも気持ちに余裕ができるのは確かです。

④精神的な安心感につながる

生理予定日に妊娠の検査薬を使うメリット・デメリットまとめ

やはり生理予定日にもかかわらず妊娠を調べるために検査薬を使うのは、この精神的に楽になりたいという気持ちが大きいのではないでしょうか?

生理予定日にいつ生理が来るのか、それとも来ないのか悶々としていてもイライラや焦りが募るだけです。

私も経験がありますが、仕事をしていると特に妊娠に関しては過敏になってしまうので、1日も早く結果を知りたくなってしまうものなのです。

妊娠を望んでいた時にはプラスの感情でドキドキしますが、まだ妊娠したくないと思っている時にはマイナスな感情でドキドキ冷や汗が出てしまうんですよね。

知りたい情報は「妊娠しているか」ということひとつなのに、人によって全く真逆の感情が出てしまうのも不思議です。

 

妊娠を知るため生理予定日に検査薬を使う3つのデメリット

生理予定日に妊娠の検査薬を使うメリット・デメリットまとめ

生理予定日に妊娠を確認するフライング検査のデメリットは、聞けば「確かに…」と思わず頷いてしまうようなことばかりです。

よく医師たちも、フライングで検査薬をするのはあまりお勧めできないと言いますよね?

これには大きく分けて3つのデメリットがあるからで、生理予定日に妊娠検査薬を使うことの必要性を改めて感じさせるような項目ばかりです。

①病院に行くまでの期間が長い

生理予定日に妊娠の検査薬を使うメリット・デメリットまとめ

生理予定日に妊娠しているか検査をして陽性だったとしても、すぐに病院で確定診断できるわけではないのです。

生理予定日の1〜2週間後でないと病院で赤ちゃんの袋である胎嚢を確認できないことがあるので、検査薬を使ってから病院に行くまで時間が空いてしまいます。

この間にもしかしたら流産が起こってしまうかもしれないですし、正常妊娠かどうかもまだわからないという状況は、非常に歯がゆいですよね?

これらのトラブルは、自分ではどうする事もできないのです。

スポンサーリンク

この生理予定日から病院に行くまでの間のことを考えると、やはり生理予定日1週間後にきちんと検査薬を使って、妊娠が判明したら病院に行くという手順を踏んだ方が精神的にも楽なことが多いです。

②科学的流産がわかってしまう

生理予定日に妊娠の検査薬を使うメリット・デメリットまとめ

妊活をしている人は、一度は科学的流産のことを聞いたことがあるのではないでしょうか?

生理予定日前や当日に妊娠検査薬を使用するフライング検査を多くの人がおこなうようになってから、科学的流産という本来知らなくても良いことを知ってしまうことになったのです。

科学的流産とは妊娠検査薬によって一度は陽性反応を示していたにもかかわらず、後から生理がきてしまうことを言います。

普通であれば「少し生理が遅れてきて重い生理痛がある」状態であるものが、妊娠検査薬の生理予定日1週間後というタイミングを守らずに時期を早めて使用したことで妊娠が継続できなかったという情報を知ってしまうのです

これは生理予定日に妊娠検査薬を使う最大の弊害で、一番のデメリットだと言えます。

③精神的な不安感につながる

生理予定日に妊娠の検査薬を使うメリット・デメリットまとめ

生理予定日に妊娠が判明することでスッキリしたのもつかの間、今度は妊娠を継続できるかという心配事で頭の中がいっぱいになってしまいます

病院に行くまでの間、自分の体の中でどんな変化が起こっているのかがわからないですし、漠然とした不安感に襲われる事もありますよね?

これは妊娠しているかしていないかというよりも、陽性反応が出た後の方が赤ちゃんの命がかかっている問題なので、不安感がより増してしまいます

不安感は妊娠に慎重な人ほど現れやすいので、その場合は生理予定日の1週間後正しい時期に検査薬を使いましょう。

 

みんな生理予定日に妊娠を知りたくて検査薬を使っている?

生理予定日に妊娠の検査薬を使うメリット・デメリットまとめ

検査薬を使った女性たちは実際どのくらいの時期で検査薬を使っているのかというと、実は妊婦さんを対象としたアンケート結果で一番多かったのが生理予定日1週間前である3週目でした。

生理予定日の1週間前というと着床が終わったばかりの頃ですが、やはりみなさんがどれだけ自分が妊娠しているか早く知りたいと思っているのかがわかりますよね?

実に48.2%という半数近くが、生理予定日の1週間前でも検査薬で陽性反応が出ているのです。

次に多かったのが生理予定日の妊娠4週目で、この頃には40.7%の人が検査薬で陽性反応が出ています。

そして肝心な正しい使い方である生理予定日の1週間後に検査した人は…なんとたったの8%しかいなかった結果となっています。

生理予定日に妊娠の検査薬を使うメリット・デメリットまとめ

本当は生理予定日1週間後から使わなければならない妊娠検査薬が、ほとんど適した時期に使われていなかったというのも、衝撃を受けますよね?

かくいう私も生理予定日前に使ってしまったのですが、日本も海外のように生理予定日前に判定できる検査薬がもっと普及されれば良いですね。

 

生理予定日1週間後に正しく妊娠の検査薬を使う意味とは?

生理予定日に妊娠の検査薬を使うメリット・デメリットまとめ

およそ9割以上という多くの人が生理予定日1週間前の早い時期に検査薬を使っていますが、正しい妊娠検査薬の使い方は生理予定日1週間後に使わなければなりません。

もちろん使用に至っては自己責任なのですが、やはり検査薬を作った側が「正しい使い方」を明記している限りはきちんと生理予定日1週間後に定めている目的があるのです。

そこで生理予定日1週間後に妊娠を確認するために、正しく検査薬を使う目的を4つ見ていきましょう。

①妊娠の有無をより正確に出すため

生理予定日に妊娠の検査薬を使うメリット・デメリットまとめ

生理予定日1週間後から判定可能なタイプの検査薬は、尿に含まれるhCGホルモンの量が50mIU/Lに達していないと正確な判定ができない仕組みです。

生理予定日よりも前に検査薬使用する事で、妊娠判定が薄っすらと出ることがあります。

これはまだ尿の中に十分なhCGホルモンが分泌していない可能性もありますし、科学的流産をする寸前でhCGホルモンが増えない状態にあるという事も考えられます。

つまり生理予定日に検査薬を使っても、この先どうなるのかわからないといった状態になってしまうのです。

妊娠の有無を正確に判定するためには、やはり検査薬は生理予定日から1週間過ぎた後におこなうのが信頼できるでしょう。

②科学的流産の発覚を防ぐため

生理予定日に妊娠の検査薬を使うメリット・デメリットまとめ

生理予定日よりも前というあまりに早い段階で検査薬を使ってしまうと、科学的流産が発覚してしまうことがあります。

正しく検査薬を使っていれば単に生理が少し遅れただけで妊娠していなかった、となるのが一度は陽性反応が出た後にいきなり陰性に変わって生理がくると…やはり精神的なショックが大きいですよね?

科学的流産は「流産」と名前は付いていますが、正式には流産にカウントはしません

この科学的流産という現象は、妊娠検査薬なしで知ることはできないからです。

知らなくていいことで精神的ショックを受けるなら、やはり生理予定日1週間後の正しい時期に検査をすることをお勧めします。

③病院に行くタイミングがわかりやすいため

生理予定日に妊娠の検査薬を使うメリット・デメリットまとめ

生理予定日1週間後に検査薬を使って妊娠が判明した場合は、だいたい排卵の時期が大きくズレていなければすぐ病院に行っても胎嚢だけは確認できるのではないでしょうか?

正しい検査薬の使い方をした場合はこのように病院に行くタイミングがわかりやすいのですが、生理予定日に早々検査をしてしまうといつ病院に行ったら良いのかちょっと迷ってしまいます。

また病院の問診票に「いつ妊娠検査薬で陽性反応が出ましたか?」という質問があった時に、検査薬を正しく使用しなかったことがバレてしまいます。

厳しい医師だと叱られてしまうという話もよく聞くので、胸を張って問診に応えられるようにするためにも正しい時期に検査薬を使いましょう。

④経済的な面で負担が抑えられるため

生理予定日に妊娠の検査薬を使うメリット・デメリットまとめ

生理予定日より前に検査して、もし陰性が出たらどうしますか?

多くの人は、明日に検査をしたら陽性反応が出るかもしれない!と思って、毎日のように検査薬を使ってしまいます。

また妊娠していたとしても生理予定日前の判定は薄っすらと線が見えていることが多いので、明日にはもっと濃くなっているかもしれない!とまた毎日検査薬を使ってしまうのです。

検査薬も安ければ良いのですが2本入りで600〜1,000円はかかりますからね、これが毎回となると1周期に3,000円近くかかってしまう事もあります。

これが生理予定日1週間後に1回検査をすれば、妊娠している可能性があるのか一発で判明するので無駄がありません。

経済的にもかなり抑えられるので、正しい時期に検査薬を使っていきましょう。

 

まとめ

生理予定日という正しい使用時期ではない早い段階で検査薬を使うことのメリットやデメリット、そして生理予定日1週間後に正しく使用する意味をご紹介してきました。

メリットはとにかく早く妊娠しているかを知ることができ、デメリットは知らなくても良かった科学的流産が発覚してしまうなどの精神的負担があるということでしたね。

生理予定日の1週間後に正しく検査薬を使う意味は、やはり妊娠後の精神的な不安をなくしてより確実に判定結果を出すことです。

自分の都合で使い方を変えるのではなく、しっかり説明書を読んでから正しい使い方で判定してくださいね。

引き続き、「生理・生理前の症状と対処法」を紹介していきます↓


スポンサーリンク



-生理予定日

Copyright© 【PMS】生理・生理前の症状と対処法30選まとめ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.