生理痛の症状

ひどい生理痛を緩和する対処法6選!腰痛や腹痛におすすめのツボは?

投稿日:

ひどい生理痛を緩和する対処法6選!腰痛や腹痛におすすめのツボは?

生理痛がひどいと、日常生活にまで支障が出てしまって辛いですよね。

少しでも緩和できれば、ずいぶん楽になることでしょう。

実はこの生理痛、薬に頼らなくてもひどい痛みを緩和していくことができるのです。

そこで今回は、生理痛がひどいときの辛い症状を緩和する対処法についてご紹介します。

 

ひどい生理痛の主な3つの原因とは?

ひどい生理痛を緩和する対処法6選!腰痛や腹痛におすすめのツボは?

生理痛がひどいと感じるとき、体ではプロスタグランジンという痛みを作り出す物質が大量に作られています。

では、何故このプロスタグランジンがたくさん作られてしまうのでしょうか。

それではひどい生理痛の原因を主に3つ、見ていきましょう。

①体が冷えている

体が冷えると血行不良になり、生理の時にフル活動している子宮に十分な血液が行き渡りません。

血液は生命に関わる臓器へ優先的に運ばれるので、子宮などの生殖器は後回しになってしまうのです。

そのため子宮の働きが弱くなり、経血を体外に押し出す力が弱くなり、痛みを感じてしまうのです。

②貧血

貧血の場合も同様で、血液のもとである赤血球が少なくなると各臓器に十分な血液の供給が行かなくなります。

貧血状態になると子宮を始め様々な臓器の働きが弱くなり、経血が順調に体外に流れ出ず、痛みを伴ってしまうのです。

③ストレス

ストレスが溜まっていたり、生理が来ることを憂うつだと思っていると、生理痛がひどくなる場合があります。

生理痛に対する恐怖も立派なストレスですから、どうしても悪影響が出てしまいやすくなるのです。
ストレスは体の機能を低下させ、ホルモンバランスの乱れの原因にもなり、ひどい生理痛に悩む人が多くなってしまいます。

 

ひどい生理痛を緩和する対処法6選!

ひどい生理痛を緩和する対処法6選!腰痛や腹痛におすすめのツボは?

それでは、辛い生理痛を少しでも緩和させるために6つの対処法を説明していきます。

日常生活ですぐにおこなえることばかりなので、早速実践してみてくださいね。

①お腹と背中、生理痛緩和のツボにカイロを貼る

生理痛では、腹痛とともに腰痛も伴う人が多いのではないでしょうか。

そんなときに衣服に貼るタイプのカイロを貼ることで、生理痛が緩和されることがあります。

生理痛がひどいときには背中とお腹にダブルでカイロを貼っているという方もいるようです。

お腹には生理痛緩和作用があるツボがあります。そこを温めると全身に温かい血液が送られていくのです。

では、生理痛に良いとされるツボなどをご紹介します。

 

【1.丹田】

1つ目はへその5センチ下にある丹田(たんでん)というツボです。

ひどい生理痛を緩和する対処法6選!腰痛や腹痛におすすめのツボは?

生理痛だけでなく精神的にも安定しますので、ひどい生理痛にはぴったりの場所です。

 

【2.仙骨】

ひどい生理痛を緩和する対処法6選!腰痛や腹痛におすすめのツボは?

お尻の尾てい骨の上部分にある仙骨を温めると、自律神経のバランスを整えてくれます。

自律神経が整うことで、ひどい生理痛の憂鬱な気持ちを軽減することができます。

 

【3.肩甲骨の中央】

ひどい生理痛を緩和する対処法6選!腰痛や腹痛におすすめのツボは?

肩甲骨の真ん中にある、太い血管が集中している場所に貼ります。

血管を温めることで体に送られる血液をどんどん送ることができるので、子宮を素早く温めることができます。

その結果子宮の働きも活発になり、経血がスムーズに排出されます。

②無理のない範囲でストレッチやヨガをして血行促進する

生理痛がひどいと、なかなか体を動かす気にはなれませんが、部屋の中でできるストレッチでさやヨガなら休み休みおこなえるのではないでしょうか。

特にお風呂上がりの血行が良い状態におこなう、血行促進作用で生理痛の痛みが緩和されるでしょう。

ひどい生理痛を緩和する対処法6選!腰痛や腹痛におすすめのツボは?

【生理痛緩和のストレッチ、ヨガ】

  1. 足を無理のない程度に開いて、股関節を柔らかくする。
  2. 股関節を柔らかくすると血液がスムーズに子宮に流れ、子宮内膜を排出しやすくする。
  3. ヨガでは、四つん這いになって「猫のポーズ」が良い。

ストレッチやヨガによって肩甲骨が柔らかくなり、血管をしなやかに保つことができます。

そのためお腹の冷えを防ぐことができ、生理痛が緩和できるのです。

③温かい飲み物を飲む

温かい飲み物を飲むことで、体を内臓から温めましょう。

ココアや生姜は体の保温に役立つ飲み物なので、生理痛緩和にはぴったりです。

生理痛がひどい人は子宮が冷えていることが多いので、ぜひ内臓から温めて症状を緩和しましょう。

④毎日湯船に浸かる

手軽だからという理由で、湯船に浸からずシャワーで済ませるという人は多いです。

しかしシャワーだけでは体の芯まで温まることはできないので、湯船に浸かる必要があります。

このときに、温まるからといって熱いお湯に入るのはおすすめできません

お風呂上がりに急に体温が下がるだけでなく、体に負担もかかります。

ベストなのは39度くらいのぬるま湯に20分ほど浸かって、じっくり温める方法です。

最初はぬるいと感じますが、ジワジワ汗をかくので熱くなってきます。

このお風呂の入り方を習慣化することで、体温が下がりにくく子宮の働きも活発になるでしょう。

その結果、ひどい生理痛を予防することができるのです。

⑤体を冷やさない

女性の体は、様々な原因で冷えてしまっています。

【体が冷える原因】

  • 露出の多い服装
  • 冷たいものを摂り過ぎる
  • 薄い下着
  • 体を冷やす食べ物の摂取

などなど…日常生活の中で知らず知らずおこなっている行動が、体を冷やす原因となっているのです。対策として、以下のことを心がけてみてください。

【体の冷え対策】

  • 首、手首、足首などを温める服装
  • お腹を冷やさない
  • 冷たいものを飲みすぎない
  • 体を冷やすもの(夏野菜など)を食べすぎない

⑥生理痛緩和のツボを刺激する

ツボ押しも、生理痛緩和に効果的なのでぜひ実践してみてください。

お腹や背中以外に、気軽に押すことができるツボを4つご紹介します。

 

【1.内くるぶしから指4本上にある場所】

ひどい生理痛を緩和する対処法6選!腰痛や腹痛におすすめのツボは?

生理痛をはじめとした、女性特有のトラブルによく効くツボです。

冷えなどが気になる時にもマッサージすると血行が良くなります。生理が始まる前から押すことで生理痛の緩和だけでなく予防もすることができます。

 

【2.膝の内側で痛む場所】

親指でしっかり強く、痛いと感じるくらいに押していきます。

膝を伸ばして座った時にへこむ部分があるので、そこから指3本分上の部分を押します。

 

【3.足三里・・・膝の皿、下の指4本下の外側】

ひどい生理痛を緩和する対処法6選!腰痛や腹痛におすすめのツボは?

生理の時に胃が痛くなる人は、この膝の内側を押すことで症状が緩和されます。

胃痛と生理痛がセットで起こる方もこの膝の内側のツボを押すといいでしょう。

両手の親指を使って強めに力を込めて押していくのが、この膝の内側をツボ押しするときのポイントです。

 

【4.合谷・・・手の親指と人差し指の付け根】

ひどい生理痛を緩和する対処法6選!腰痛や腹痛におすすめのツボは?

合谷(ごうこく)と呼ばれる万能のツボで、様々な体の不調を抑えていく効果が期待できます。

特に冷えを感じている時には体がポカポカしてくるので、生理痛を感じた時には揉むようにしましょう。

手軽に押せるツボなのでいつも押していれば、ポカポカな体をキープできるかもしれません。

ちなみに、自分の体が冷えているかどうかを知りたいときには、手のひらでお尻を触ってみましょう。

もし冷たいな。」と感じたら、あなたの下半身は冷えている状態なので生理痛が重くなる可能性があります。

ぜひこれらを習慣化して、いつも温かい生理痛知らずの体を目指していきましょう。

 

まとめ

ひどい生理痛を緩和する方法をお伝えしましたが、いかがでしたか。

体の冷えや貧血、そしてストレスなど現代の女性によくあることが、ひどい生理痛の原因になることが分かりました。

今回ご紹介した6つの対処法と共に日常生活の改善をし、生理痛の緩和を工夫してみてください。

それでも良くならない、むしろひどくなっていく場合には病院へ相談に行きましょう。

引き続き、「生理・生理前の症状と対処法」を紹介していきます↓



他にこんな記事も読まれています

-生理痛の症状

Copyright© 【PMS】生理・生理前の症状と対処法30選まとめ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.