生理前

生理前の辛い腰痛!腰の痛みの原因や対処法、予防法まとめ

投稿日:

生理前の辛い腰痛!腰の痛みの原因や対処法、予防法まとめ

生理前になると思わず腰をかがめてしまうような腰痛が起こって、辛い思いをしている人も多いのではないでしょうか?

でも生理痛なら腰痛はよく聞く症状ですが、まだ生理前なのにどうして腰が重だるく痛んでしまうのかというと、実は原因がひとつではないのです。

そこで今回は地味に辛い生理前に起こる腰痛の4つの原因、そして症状を緩和するための対処法と予防法をご紹介していきます。

 

生理前に腰痛が起こってしまう4つの原因

生理前の辛い腰痛!腰の痛みの原因や対処法、予防法まとめ

生理前に腰痛が起こると、そろそろ生理がくるのかな…といった感じで気持ち的にもブルーになりがちですよね?

実は、生理前の腰痛はホルモンの影響や生理前の体の仕組みから起こっている症状なのです。

そこで生理前に腰痛が起こってしまう原因を、主に4つ見ていきましょう。

①ホルモンバランスが乱れることで起きる

生理前の辛い腰痛!腰の痛みの原因や対処法、予防法まとめ

私たち女性は生理周期とともにホルモンバランスが変化し、そのホルモンの作用によって体調が変わってきます。

生理後から排卵日までの期間である低温期にはエストロゲン、そして排卵日から生理前までの期間を高温期と呼び、この時期にはプロゲステロンが多く分泌されています。

通常は排卵日を境にしてうまくホルモンの切り替えがおこなわれるのですが、ホルモンバランスが乱れていると切り替えがうまくいかなくなって体に悪影響が出てしまうのです。

スポンサーリンク

この時に起こる様々な症状のうちのひとつに、腰痛があります。

この生理前の症状を総称して月経前症候群(PMS)といい、およそ8割もの女性が何らかの症状に悩んでいるのです。

②リラキシンというホルモンの分泌によるもの

生理前の辛い腰痛!腰の痛みの原因や対処法、予防法まとめ

リラキシンと言っても、あまり聞きなれない名前ですよね?

リラキシンというのは生理の時に子宮が収縮して経血を排出しやすいように関節を緩くして骨の柔軟性を高め、骨盤を開かせる作用のあるホルモンです。

出産の時にも赤ちゃんを産み出すために骨盤を広げる必要があるため、同様にリラキシンが分泌されます。

生理前の時期にこのリラキシンが分泌されて、骨盤の関節が緩んで少しずつ開いて動く際に腰痛を感じることがあります。

これは骨盤が緩んで腰の筋肉を支える時に負荷が大きくかかってしまうためで、重だるいような痛みを引き起こします。

③プロスタグランジンの影響によるもの

生理前の辛い腰痛!腰の痛みの原因や対処法、予防法まとめ

生理前には次の生理に向けてスムーズに経血を排出できるように、子宮を収縮させる作用のあるプロスタグランジンが分泌され始めます。

厳密にいうとプロスタグランジンによって子宮が収縮するので、主にお腹の痛みを訴えることが多いのですが、子宮に近い腰まで響いて腰痛の症状が出ることもあります。

きっと生理前の腰痛を、もうすぐ生理がくる合図にしている人のいるのではないでしょうか?

ズキズキとした腰の痛みを感じたら、プロスタグランジンが分泌され始めているのでまもなく生理がくることでしょう。

でも、生理中でもないのに早くも腰痛が起こってしまうなんて、できれば避けたいですよね?

生理前にプロスタグランジンが多く分泌してしまう原因はホルモンバランスの乱れや冷えによる血行不良によるもので、子宮の収縮がうまくいかないことでプロスタグランジンが過剰に分泌されて痛みが起きやすくなってしまうのです。

④骨盤周りの血行不良によるもの

生理前の辛い腰痛!腰の痛みの原因や対処法、予防法まとめ

スポンサーリンク

生理前には、生理の時に子宮を収縮させるためにたくさんの血液が送られていきます。

そのために普段よりも少しだけ子宮が大きくなっているので、子宮周りの血管が圧迫されて血流が悪くなっています。

また高温期に多く分泌されるプロゲステロンの影響もあって、多くの女性が便秘気味になってしまいます。

便秘によって腸が膨れて子宮周りの血管を圧迫してしまうこともあるので、生理前は下半身の血流が悪くなる傾向にあるのです。

血行不良が原因で子宮の働きが悪くなり、子宮をより収縮させようと大量のプロスタグランジンが分泌されます。

このプロスタグランジンによって子宮が過度に収縮して、服痛や腰痛を引き起こしてしまうのです。

 

生理前の腰痛がひどい時の3つの対処法

生理前の辛い腰痛!腰の痛みの原因や対処法、予防法まとめ

生理前に腰痛がひどいと、動くことも辛くなって日常生活に支障が出てしまいますよね?

そんな時には、早めに腰の痛みを和らげる対処法を試してみましょう。

生理前から生理中にかけて効果が期待できるので、痛みを感じたらなるべくひどくなる前に実践してみてくださいね。

それでは生理前に腰痛が起こった時におこないたい、3つの対処法をご紹介します。

①腰を温める

生理前の辛い腰痛!腰の痛みの原因や対処法、予防法まとめ

腰を冷やしてしまうと血行が悪くなってしまうので、血行不良が原因で動きが鈍くなった子宮の収縮を促すためにプロスタグランジンをたくさん分泌します

プロスタグランジンの分泌量が多くなることで、生理前の腰痛が悪化してしまうのです。

おそらく生理前の腰痛がひどい人は、腰を触った時に少し冷たくなっていませんか

そんな時には腰をしっかり温めることが大切で、腹巻を使ったりカイロを貼ったりして冷やさないように工夫していきましょう。

毎日お風呂に入ってしっかり下半身を中心に温めることで、腰だけでなく全身の血行が良くなるので生理前の腰痛を緩和することができます。

②腰の痛みに効くツボを押す

生理前の辛い腰痛!腰の痛みの原因や対処法、予防法まとめ

生理前の腰痛が辛い時に、薬などを使わずに安全に痛みを緩和することができればいいな…こう思っている人も多いのではないでしょうか?

生理前に腰痛が起きた時には、腰にあるツボを押すことでも緩和することができます。

生理前の腰痛を和らげる効果が期待できるのは「腎兪(じんゆ)」というツボで、ウエストの一番細い部分の背骨から指2本分の場所にあります。

生理前の辛い腰痛!腰の痛みの原因や対処法、予防法まとめ

スポンサーリンク

ちょうど腰をつかんだ際などに押しやすいので、痛い時にサッと押せるところが嬉しいですね。

ツボの押し方のポイントは、ゆっくりと息を吐きながら親指で押していって息を吸う時に指を離します

呼吸と合わせてツボ押しをおこなうことで、血行がより改善されて生理前の辛い腰痛が和らいできます。

③適度に腰を動かす

生理前の辛い腰痛!腰の痛みの原因や対処法、予防法まとめ

生理前に腰痛が起きてしまうと、体を動かしたくなくなってしまいますよね?

でもこんな時こそ、少し動かして血行を促進してあげるのがお勧めです。

動かないとどうしても血行が滞ってしまい、体が冷えやすくなってしまったりホルモンの影響で腰回りの血流が悪くなるのを余計に悪化してしまうのです。

デスクワークの人は座りっぱなしで特に生理前の腰痛が重くなりがちなので、1時間に1回は立ち上がって伸びをしたり腰を動かしたりして血流が滞ったままにならないように気をつけましょう。

意外に忘れがちなのが寝起きで、睡眠中に動かずに滞った血液を全身に流していくためにも寝起きにストレッチをすることも生理前の腰痛を緩和するのに適しています

 

生理前の腰痛を予防するための3つの方法

生理前の辛い腰痛!腰の痛みの原因や対処法、予防法まとめ

生理前の腰痛は、できれば痛くなる前に予防できれば一番ですよね?

実は毎日の生活の中で簡単に予防法を取り入れることができるので、とても手軽に実践できるんですよ。

生理前の腰痛を予防するにあたって大切な、3つの予防法を見ていきましょう。

①アロマを使ってホルモンバランスを整える

生理前の辛い腰痛!腰の痛みの原因や対処法、予防法まとめ

日常の中にリラックスを与えてくれるアロマオイルは、きっと多くの女性が好きなものではないでしょうか?

アロマオイルは各香りによって効能が異なりますが、特にホルモンバランスを整える作用があるのは4つあります。

  • クラリセージ
  • ゼラニウム
  • イランイラン
  • ネロリ

これらのアロマオイルはホルモンに作用して、生理前の不快な腰痛などの症状を緩和してくれる効果が期待できます。

生理前の辛い腰痛!腰の痛みの原因や対処法、予防法まとめ

また生理前には、何かと憂鬱な気分になりやすいものですよね?

そんな時にはリラックス効果の高いアロマオイルを使用することで、気分をリフレッシュすることができます。

  • ラベンダー
  • オレンジ・スィート
  • グレープフルーツ
  • ユズ

などは気持ちを明るくして心身の緊張をほぐす作用があるので、生理前の緊張した体に優しく染み渡ります。

オススメはコットンに1滴垂らして枕元に置いておくといった簡単な使い方ですが、アロマバスにするのもリラックス効果が高いのでオススメです。

ただし、柑橘系のアロマオイルは肌に刺激があるので、お風呂に入れすぎないよう2本滴程度にとどめておきましょう。

②体を冷やさない

生理前の辛い腰痛!腰の痛みの原因や対処法、予防法まとめ

体を冷やさないというのは、生理前の腰痛だけではなく他の様々な症状に対しても非常に大切なことです。

でも体を冷やさないといっても、温めることや運動すること以外に何かできることはあるのでしょうか?

実は食べ物によって体の内側から温めていくという方法も、効果的なので生理前の腰痛に悩んでいる人には非常にオススメです。

特に根菜類は体を温める作用があり、胃腸の働きを活発にしていきます

生理前の辛い腰痛!腰の痛みの原因や対処法、予防法まとめ

このことで子宮周りの臓器である腸の中もすっきりして、より血流が改善していくのです。

外側から温めることももちろん大切ではありますが、内側から温めていくことは意外と思いつかないですよね?

根菜は通年お店に並んでいることが多いので、ぜひ普段の食事に取り入れてみてくださいね。

③姿勢を良くして腰への負担を減らす

生理前の辛い腰痛!腰の痛みの原因や対処法、予防法まとめ

ふと鏡を見ると、自分では意識していなかったのに首から背骨にかけて曲がっているという人は、結構多いのではないでしょうか?

いわゆる「猫背」というもので、デスクワークをしている人たちにとってはもはや職業病のようなものです。

生理前の辛い腰痛!腰の痛みの原因や対処法、予防法まとめ

しかし姿勢を普段から正していくことで、骨盤の歪みが起きにくくなって腰回りの筋肉や靭帯に負担がかかることが少なくなるのです。

また油断をすると、いつも座っているときに足を組んでしまう…そんなクセをお持ちの方も多いですよね?

このような姿勢の乱れは、骨盤を歪ませて血流を悪くしてしまうので、生理前の腰痛が起こりやすい状態になってしまうのです。

座る時には椅子に深めに腰掛けるようにし、背もたれにしっかり背中をつけてまっすぐな姿勢で座るようにしましょう。

また座る時に足を組むクセのある人は、日頃から意識して少しずつ直していくようにしましょう。

 

生理前の腰痛があまりにひどい場合は病気が隠されていることもある!

生理前の辛い腰痛!腰の痛みの原因や対処法、予防法まとめ

生理前の腰痛がひどくて夜も眠れないほど、痛みを緩和するために鎮痛剤を飲むけれど効果を感じられない…こんなひどい生理前の症状に悩まされている人はいませんか?

あまりに症状がひどくて日常生活に支障が出るようであれば、月経前症候群(PMS)として病院で適切な治療をおこなうことをオススメします。

まずは本当にその腰痛が生理前によるものであるのかを、病院で検査してもらうことが大切です。

ホルモン量は血液検査から判明しますし、子宮や卵巣の状態に病的なものがないかどうかは内診で即日結果がわかります。

生理前の辛い腰痛!腰の痛みの原因や対処法、予防法まとめ

病的な原因がなければ生活改善をしていったり、症状が重い場合には低用量ピルを使ってホルモン量を調節したりと、医師がアドバイスをしてくれます。

もし子宮内膜症などの原因が見つかった場合には、悪化をしないようにピルでホルモン量を調節しながら生理前や生理中の症状を経過観察していく形をとります。

子宮内膜症の場合は放っておくと生理を重ねるごとに症状がひどくなっていくので、早く治療を始めないと生理前から生理後まで服痛や腰痛で動けなくなってしまうこともあるのです。

今は子宮内膜症などの場合は副作用の少ない保険適用の低用量ピルが認可されるなど、治療に関しては非常におこないやすくなっています。

少しでも生理前の腰痛をはじめとして様々な症状に不安を覚えたら、すぐに病院に相談をしにいきましょう

自分の体調を把握してもらうことを目的として、かかりつけの婦人科を持っておくと安心ですね。

生理前の辛い腰痛!腰の痛みの原因や対処法、予防法まとめ

私も低用量ピルを飲み始めてから定期的に検査があるので、優しい女医さんのいる婦人科をかかりつけにしています。

些細なことでも相談に乗ってくれるので、とても信頼していますし婦人科の敷居の高さは全く感じません。

自分にとって、相性の良い病院を見つけられると良いですね。

 

まとめ

体を動かすのも辛い、生理前の腰痛について原因や対処法、予防法などをご紹介してきましたが、いかがでしたか?

生理前の腰痛はホルモンバランスが崩れることによって悪化し、さらに生理前は骨盤自体が動いたり血行が悪くなったりと腰痛を起こしやすい状態にあることがわかりました。

対処法はとにかく温めたりツボを押す、そして適度に動かすということです。

予防法は腰を冷やさないようにしてアロマでホルモンバランスを整え、姿勢を日頃から正していくということを日常の中に取り入れることです。

生理前の腰痛によって日常生活が満足に送れない、薬が効かないといった場合には、すぐに病院で検査をしてもらいましょう。

医師の指示に従って生活改善をしたり、低用量ピルを活用していって生理前の腰痛を緩和していきたいですね。

引き続き、「生理・生理前の症状と対処法」を紹介していきます↓


スポンサーリンク



-生理前

Copyright© 【PMS】生理・生理前の症状と対処法30選まとめ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.